【完全ガイド】転職エージェントとは?|仕組みなど全てを徹底解説!

以下の『悩み・疑問』が記事内で解る

 転職エージェントってどういったサービス?

転職エージェントを利用するさい料金は発生するの?

転職エージェントで転職活動していく流れが知りたい!

 転職エージェントを利用するさいの注意点はある?

 転職エージェントに使われないためのコツが知りたい!

転職エージェントとは、転職希望者と人材を雇用したい企業の仲介役を担っている人材紹介支援サービスです!

転職エージェントは企業側から報酬をもらう仕組みなので、利用者は料金が一切かからずキャリアアドバイザーから転職率が上がる様々な転職のサポートを受けられます。

この記事では、転職エージェントの仕組み・登録から入社までの流れ・利用するさいの注意点・上手に活用するポイントなど転職エージェントの全てを詳しく解説しています。

転職エージェント(人材紹介支援サービス)の仕組み

転職エージェント【詳細表】
運営許可厚生労働省の許可が必要
転職活動担当者と二人三脚で進めていく
利用料金利用料金(0円)で利用できる
報酬料金入社後に企業側から紹介料を貰う
年齢制限転職エージェントによって異なる
利用特権企業宛に推薦状を書いてもらえる
登録方法公式サイト内で登録をおこなう
活動方法近くの拠点へ出向くor自宅から
非公開求人紹介してもらえる
求人応募代行で応募してもらえる
書類作成書類作成の添削してもらえる
面接対策面接対策のアドバイスをもらえる
面接日日時を代行で調整してもらえる
入社日日時を代行で調整してもらえる
条件交渉
条件交渉を代行してもらえる
入社後入社後のフォローをしてもらえる
退会利用を辞めるさい退会できる

転職エージェントは厚生労働省の許可が必要なサービスで、全国に24000社以上『平成30年度民営職業紹介事業所数(厚生労働省)』存在しています。

キャリアアドバイザーが利用者(転職希望者)と面談(キャリアカウンセリング)を通して、(求人の紹介・書類作成のアドバイス・面接対策のアドバイス)などを無償でおこなってくれます。

利用料金が一切かからない理由は、成果報酬型のサービスなので企業側から紹介料(転職エージェントによって異なりますが初年度年収の役20%~30%)を貰うことで成り立っています。

なので、(転職活動をいったんストップ・違う転職エージェントを利用)するために途中で辞めたとしても、違約金など発生しないので安心して利用できます!

総合型転職エージェントと専門型転職エージェントの違い

総合型・専門型転職エージェント【比較表】
比較項目総合型エージェント専門型エージェント
求人数求人数が多い求人数が少ない 
CAの質CAの質は高いCAの質は様々 
ノウハウノウハウが豊富担当者による
専門知識担当者による専門知識が豊富
企業対策担当者による企業対策しやすい

大きく分けて総合型得エージェントと専門特化型エージェントがあります。

総合型と専門特化型の違いは、幅広い業種や職種の求人を取り扱っているか、一つの業界や職種(IT web・介護士・医師・薬剤師・看護師・障害者)などに特化した求人を取り扱っているかです。

転職エージェントと転職サイトとハローワークの違い

サービス名転職エージェント転職サイトハローワーク
比較項目
転職支援


求人情報

職業紹介
利用料金無料で利用できる無料で利用できる無料で利用できる
転職相談時間をかけて相談に乗ってもらえる相談に乗ってもらえない短時間相談に乗ってもらえる
求人数非公開求人を多く取り扱っている多く取り扱っている非常に多く取り扱っている
求人の質大手企業や優良企業の求人を多く取り扱っている様々な求人を取り扱っている住んでいる地域の求人を多く取り扱っている
企業情報企業情報を教えてもらえる企業情報が掲載してある自分で検索などして情報を得る
直接応募企業に直接応募することができない企業に直接応募できる企業に直接応募することができない
書類対策書類対策のサポートを受けられるサイト内の記事を読んで対策する書類対策のサポートを受けられる
面接対策面接対策のサポートを受けられる自分で対策する必要がある面接対策のサポートを受けられる
日時調整スケジュール調整を代わりにおこなってもらえる自分で企業とおこなう必要がある自分で企業とおこなう必要がある
条件交渉条件交渉を代わりに企業とおこなってもらえる自分で企業とおこなう必要がある自分で企業とおこなう必要がある
退職対策職場を退職するさいのサポートを受けられる自分で対策する必要がある自分で対策する必要がある
       スクロールできます🔛

それぞれの違いは、サポートを受けながら転職活動するか、自分一人の力で転職活動するかです。

転職エージェントで転職活動する場合は、担当者(キャリアアドバイザー)がつき、面談(キャリアカウンセリング)を通して様々なサポートを受けながら二人三脚で進めることになります!

転職サイトで転職活動する場合は、自分一人で求人探しから直接企業へ応募し、企業の人事担当者と連絡を取りながら進めることになります!

ハローワークで転職活動する場合は、自分で探した求人を職員に応募してもらい、紹介状を受けたったら企業の人事担当者と連絡を取りながら進めることになります!

転職エージェントを利用するさいのメリット

転職エージェントのメリット
面談を通して求人を紹介してもらえる
応募書類のアドバイスを受けられる
面接対策のアドバイスを受けられる
スケジュール調整や条件交渉を代行してもらえる
職場を退職するさいのアドバイスを受けられる

面談を通して求人を紹介してもらえる

転職エージェントは、担当者(キャリアアドバイザー)とキャリアカウンセリングをおこない、聞いた内容をもとに取り扱っている求人の中から利用者の希望に沿った企業を紹介してもらえるので、ミスマッチを防げます。

取り扱っている企業の人事担当者から内部情報(採用したい人材像・配属になる職場環境)などを聞いているので、教えてもらえます。

キャリアアドバイザーは利用者を客観的視点から転職相談に乗ってくれるので、自分では気づけない発見を見つけてもらえる場合があります。

それと転職エージェントだけが取り扱っている非公開求人を紹介してもらえたりもします。

非公開求人とは、web上や転職サイトなど一般では公開されていない求人のことで、大手企業や優良企業が多く募集をかけています。

非公開にする理由として、(応募の殺到を避けたい・早急に効率よく即戦力の人材を確保したい・自社のプロジェクトを他社に知られたくない)などです!

転職エージェントが取り扱っている求人の約(78割)を非公開求人が占めています!

転職エージェントで面談するメリット

キャリアアドバイザーが転職相談にのってくれる

面談を通して取り扱っている中からマッチする求人を紹介

非公開にしている企業求人を紹介してもらえる

応募したい企業の内部情報を教えてもらえる

客観的な視点から的確なアドバイスを受けられる

応募書類の作成のアドバイスを受けられる

これまでに多くの利用者を採用まで導き培ってきたノウハウがあるので、企業へ送る応募書類(履歴書・職務経歴書)の書き方や添削など的確なアドバイスを受けられます。

応募する企業の人事担当者から魅力的と思われる応募書類になるようアドバイスをもらるので、書類選考通過率が高まります!

転職エージェントを利用する特権として、担当キャリアアドバイザーから推薦状を書いてもらえ、応募書類と一緒に企業へ送ってもらえます。

推薦状とは、担当者が面談を通して第三者の視点から利用者の『人柄・優れているところ・転職理由』などを応募する企業へアピールする文のことです。

応募書類対策を受けるメリット

魅力的な応募書類になるように添削してもらえる

自分一人で応募書類を作成するより書類選考通過率が高まる

応募るす企業へアピールする推薦状を書いてもらえる

完成した応募書類と推薦状を代わりに企業へ送ってもらえる

面接対策のアドバイスを受けられる

転職エージェントは、企業の人事担当者やこれまで利用してきた人から面接時の質問を聞くなどして多くの情報を蓄えています。

担当者から面接対策(聞かれるであろう質問内容・身だしなみ・話し方や話す速度)のアドバイスをもらうことができます。

キャリアアドバイザーが直々に模擬面接をしてくれるので、本番が苦手で(中々採用までたどり着けない・面接時に言葉が詰まってしまう)人とってうれしいサポートです。

本番を想定した模擬面接を受けられるので、本番は良い緊張感で受けられますし、選考通過率が高まります!

面接対策を受けるメリット

本番で上手くいための面接対策アドバイスを受けられる

本番を想定した模擬面接を受けられる

自分一人で面接対策するより選考通過率が高まる

スケジュール調整や条件交渉を代行でおこなってくれる

働きながら自分一人で複数社応募する場合、(仕事に影響を及ぼさない・会社にばれたくない・企業とトラブルを起こしたくない)などを考えながら一社一社並行してスケジュール調整しなければなりません。

転職エージェントを利用することにより、スケジュール調整(企業へ応募や応募書類を送る・面接日の調整・入社日の調整)を利用者に代わって担当者が全ておこなってくれます。

それにもう少し年収アップが望ましいと考えていても、自分から直接企業へ言いにくい条件交渉『給与交渉』を担当者が間に入って企業側と交渉してくれます!

代行してもらえるメリット

スケジュール調整を代行してもらえるので仕事に支障がでない

複数社応募する場合でも上手く調整してもらえるので安心

給与交渉を利用者の代わりに受け持ってくれる

職場を退職するさいのアドバイスを受けられる

円満退職するにあたって、務めている会社にどう言って退職意思を伝えようか悩んでしまいがちですが、転職エージェントでは(正しい退職の伝え方・伝えるタイミング・退職時におけるマナー)のアドバイスを受けられます。

退職のアドバイスを受けるメリット

円満に退職するためのアドバイスを受けられる

転職エージェントを利用するさいのデメリット

転職エージェントのデメリット
 自分のペースで転職活動がしづらい
応募できる企業が限られてしまう場合がある
希望の求人を紹介してもらえるとは限りらない
担当者との相性やスキル次第なところがある

自分のペースで転職活動がしづらい

転職エージェントを利用する場合、キャリアアドバイザーが付き自宅から近くの拠点に行く又は自宅から(電話・テレビ電話・Skype・Zoomを使用)二人三脚で転職活動を進めていきます。

転職サイトとは違い、(面談・転職相談・求人紹介・応募書類の添削・面接対策・スケジュール調整)などのサポートを受けられるので、自分のペースで転職活動がしづらくなります!

紹介した企業へすぐにでも応募するよう選択を急がすキャリアアドバイザーも中にはいます。

自分のペースで進められない理由

担当者と連絡を取りながら二人三脚で転職活動を進めていく

紹介した企業へ直ぐにでも応募するよう選択を急がされる

応募できる企業が限られてしまう場合がある

転職エージェントは、利用者の希望条件と企業が希望する人材をマッチさせる仲介役を受け持っていますので、あらかじめ企業の採用担当者から求める条件を聞いています。

報酬をもらえるのは企業側からなので、求めている(学歴・職歴・○○資格・○○スキル)人材ではない転職希望者を紹介してしまうと今まで培ってきた信頼を失うようなことはしません。

なので担当者が面談で聞いた内容をもとに両者の希望条件がマッチするかしっかりチェックするので、(今は応募できる企業求人が無いと言われる・応募できる企業が限られる)場合があります!

応募できる企業が限られてしまう理由

あくまでも企業が求める人材を主体にマッチングさせる

利用者の希望に合う企業求人が無ければ断られる

希望条件に合う求人を紹介してもらえるとは限らない

転職エージェントは転職希望者が企業から内定をもらい入社まで導かないと一切お金が入らない仕組みになっているので、キャリアアドバイザーは毎月課せられるノルマ(〇人企業へ応募させる・〇人企業へ入社させる)などがあります。

担当に付くキャリアアドバイザーによっては、自分が課せられたノルマの為に転職希望者から面談で聞いた希望条件などを無視し、応募して採用されやすい求人ばかり(現職or前職よりもキャリアダウン)を紹介される場合があります。

応募できる企業が限られてしまう理由

あくまでも企業が求める人材を主体にマッチングさせる

利用者の希望に合う企業求人が無ければ断られる

担当者との相性やスキル次第なところがある

人材業界(人と企業をつなぐ仕事)は毎月のノルマがあり、入社から3年以内の離職率が割と高く、経験の浅い(スキルがない)キャリアアドバイザーが担当になることも考えられます。

経験の浅い担当者にあたると、求人に頼り多く紹介(20社以上)してきたり、転職希望者からの質問や不明点の問いかけにきちんと答えられないなどが起こりえます。

また経験豊富なキャリアアドバイザーが担当になったとしても、配慮が足らず人間性として相性が合わないと感じしまうこともあります。

このようなキャリアアドバイザーが担当に付かれてしまうと、スムーズに転職活動を進められず転職エージェントは使えない印象に代わってしまいます!

担当者との相性やスキル次第な理由

経験の浅い担当者だと逆に足を引っ張られる

相性の合わない担当者が付くと上手に転職活動をおこなえない

転職エージェントで転職活動する流れを解説

転職エージェントを利用しながら転職活動を進めていく流れを順番に詳しく解説していますし、利用を辞めるさいの退会方法も知れます。

⓵ 転職エージェントのサイト内で登録し準備する

始めに利用する転職エージェントのサイトへ行き登録をおこないます。

転職エージェントによって項目内容が異なりますが、必須の項目は入力漏れがないように登録していきます!

登録で入力する主な項目内容

お名前 (フリガナ)
性別
生年月日
お住い都道府県
ご住所
ご希望勤務地
転職希望時期
電話番号
メールアドレス
パスワード設定

後日折り返しの連絡がくるので、面談する日(自宅から近くの拠点で対面面談・自宅で電話orテレビ電話・パソコンのwebツールを使い面談)の予約をおこない、履歴書と職務経歴書を書いて備えます。

拠点面談希望の方は問題ないですが、自宅面談希望の方は予約するさい書類の送り先を聞いて送付すると良いです。

企業へ応募するわけでもなのに、応募書類書くのめんどくさいと思われたかもですが、面談では利用者を知るために記入項目全て(学歴・職歴・資格・これまでの職務内容・実績内容)聞かれるからです。

登録後面談までに準備まとめ

履歴書を書く
職務経歴書を書く
拠点面談は筆記用具と書類を持っていく
自宅面談は書類を送付する

⓶ 担当キャリアアドバイザーと面談をおこなう

面談では主に担当キャリアアドバイザーと、キャリアの棚卸し(これまで経験してきた仕事・身につけたスキルや実績)と転職の方向性を明確化(希望の業種・職種・仕事内容・条件・年収)をおこなっていきます。

面談時間は利用者によって変わってきますが、目安として約1時間程度おこなわれると思って良いです!

面談で聞かれる主な質問内容

学歴 (高卒・専門卒・大学卒)
これまでの職歴
どのような経験をしてきたか
これまでに取得した資格は
身につけたスキルは
なぜ転職を考えたのか (現職者)
なぜ前職を退職したのか (退職者)
希望する業種や職種や仕事内容は
転職するにあたっての希望条件は
いつ頃までに転職したいか
他の転職エージェントを利用しているか

初めての転職だから不安な人や転職するか迷っている人でも、面談で聞いた内容をキャリアアドバイザーが客観的視点でアドバイスをしてくれます。

面談内容で決まると言っても過言ではないので、疑問に思ったことや質問したいことがある場合は遠慮せずに聞いて悔いのないようにします。

⓷ 企業と条件が合う求人を紹介してもらえる

面談で聞いた内容を担当キャリアアドバイザーがまとめ、求人を選抜して利用者と企業側の条件が合う求人を紹介されます。

希望する業種や職種や勤務地にもよりますが、転職エージェントだけが取り扱っている、一般では公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も紹介してもらえます!

拠点面談の場合はその場で求人を紹介してもらえ、自宅面談の場合はメールで求人が送られてきます。

紹介された企業へ応募するかしないかは利用者が決めることなので、即答せずに自分の希望とどこが一致しているかなどじっくり確認します。

また、紹介された求人の中で気になる企業があれば、ネット上では知ることのできない内部情報を担当者から教えてもらえます!

応募したい求人が見つかった場合、担当者に連絡を入れます。

求人紹介まとめ

面談内容をもとに求人を紹介してもらえる
非公開求人を紹介してもらえる
拠点面談ではその場で求人紹介
自宅面談ではメールで求人紹介
気になる企業の内部情報を教えてもらえる
すぐに紹介された企業へ応募する必要ない

⓸ 応募書類の対策を受け企業へ代わりに応募してもらえる

応募する企業(何社でも可能)が決まったら、転職活動に欠かせない応募書類(履歴書・職務経歴書)の対策をしてもらえます。

履歴書と職務経歴書を企業側から見て魅力的と思われるように、担当者が添削(必要のない文を削る・足りない文を書き加える)してもらえます。

それと転職エージェントで転職活動する人だけの特権として、利用者を企業へアピールする推薦文(経験してきたこと・身につけたスキル・客観的にみた人物像・推薦理由)を担当者が書いてくれますよ!

全ての応募書類が完成したら、担当者が代わりに推薦文と一緒に企業へ送ってもらえ、書類選考結果を待ちになります。

応募書類の対策・企業へ応募まとめ

履歴書や職務経歴書を添削してもらえる
担当者から推薦状を書いてもらえる
応募種類を代わりに企業へ送ってもらえる

⓹ 面接日の調整と本番に備えて面接対策を受ける

無事書類選考を通過したら、担当者と面接を受ける日時について話し合い、決まれば担当者が代わりに企業側へ伝えてくれます。

数社面接を受けることになっても、面接日が被らないように調整してくれるので、利用者の負担は少ないです。

それと面接対策ですけど、転職エージェントは面接を受ける企業がどういった質問してくるかをこれまでの利用者や企業の担当者から聞くなど把握しているので、担当者から回答内容など教えてもらえます。

また模擬面接も実施しているので、面接本番は緊張して上手く話せない方や面接が苦手な方で近くの拠点に行ける場合は、担当者に相談すれば実施してもらえます。

転職エージェントによっては、対面又はwebでの面接対策セミナーを実施されています!

面接日調整・面接対策まとめ

面接希望日を代わりに伝えてもらえる
数社面接する場合でも調整してもらえる
どういった質問されるか教えてもらえる
本番を想定した模擬面接を受けられる

⓺ 企業から指定された場所で面接を受ける

転職エージェントによっては、担当者が面接日に同行したり面接に同席されるところもありますが、中には同行を受け入れていな企業があります。

担当者が同行や同席する理由として主に(少しでも緊張をほぐす・面接が始まるまでアドバイスする・面接後に感じたことを具体的に教える)です。

一人で面接をおこなった場合でも、企業に評価された点や悪かったところを担当者から教えてもらえるので、内定をもらえなかったとしても次に生かすことができます。

それと内定が出る前に、応募した企業が希望する年収より低い場合、(現職の年収・利用者の市場価値・業界の相場年収)から年収upが見込めると思われれば、担当者が代行して企業側に年収交渉をおこなってもらえます!

面接を受ける・面接後まとめ

担当者が面接に同行や同席する場合がある
面接結果の内容を詳しく教えてもらえる
内定前に給与交渉してもらえる場合がある

⓻ 入社日の調整や退職するさいのアドバイスを受ける

内定をもらえた企業に行くことを決めたら、担当者と入社する日時について話し合い、決まれば担当者が代わりに企業側へ伝えてくれます。

働いている退職の手続きを進めていく方には、(退職するさいのマナー・言い出すタイミング・退職理由の伝え方・引き継ぎのコツ)などのアドバイスを受けられます。

内定後・退職対策まとめ

入社希望日を代わりに伝えてもらえる
円満退職に向けたアドバイスを受けられる

⓼ 入社後は定期的にフォローしてもらえる

転職エージェントによって違いはありますが、入社して働き始めた1週間後・2週間後・1か月後・3か月後・6か月後など定期的に電話やメールで相談(職場環境・条件の違いなど)にのってもらえ、企業に掛け合ってもらえます!

入社後まとめ

定期的に相談にのってもらえる

⓽ 転職エージェントの利用を辞めるために退会する

転職エージェントの利用を辞めるさいの注意点として、(企業に応募した後・面接を受ける前・内定の合否が出る前)に退会することを申し出ると、担当者と企業側に迷惑がかかるので、基本退会できません。

転職できたから辞める人や転職活動するのを辞める人や違うエージェントを利用するから辞める人は、(担当者に連絡して伝える・エージェントに連絡して伝える・公式サイト内のお問い合わせから伝える)から退会することができます。

もう一度同じ転職エージェントを使いたい場合は、同じ手順をおこなうだけで大丈夫です!

退会方法まとめ

担当者に直接連絡をいれ退会を伝える
エージェントに連絡し退会を伝える
サイト内のお問い合わせから伝える

転職活動する流れのまとめ

転職エージェントを登録して転職活動する流れを説明してきましたが、利用者を転職へ導かないと企業から報酬を頂けないので、書類選考率や内定率を上げるためのサポートを受けながら進められます。

転職相談にのってもらえる

面談を通して求人を紹介してもらえる

企業の内部情報を教えてもらえる

応募書類のアドバイスを受けられる

アピールする推薦状を書いてもらえる

企業へ応募してもらえる

面接日の調整をおこなってもらえる

面接に向けてアドバイスを受けられる

本番を想定した模擬面接を受けられる

面接日に同行や同席してもらえる

面接のフィードバックを受けられる

企業と給与交渉をしてもらえる

入社日の調整おこなってもらえる

職場を退職するアドバイスを受けられる

入社後はアフターフォローしてもらえる

転職エージェントを利用する前に知っておきたい5つの注意点

転職エージェントを利用するか悩んでいる人に向けての注意点5を解説しています。

経歴や資格やスキルなどの嘘をつかない

転職エージェントは面談で質問した内容内容をデータに残しますし、転職の方向性を決めた後に求人を紹介してくれるので、これまでの経歴や資格やスキルなどの嘘を絶対につかないことです。

嘘がばれると内定取り消しになったり研修期間中に解雇にされるなど、企業側と転職エージェントに迷惑をかけることになるので、非常にリスクが伴います。

また、担当者に後々正直に話しても信頼を失い求人を紹介してもらえなくったりもします。

ついてしまいそうな嘘・ばれる嘘内容

大学中退だけど卒業したことにする
転職した回数を減らす
無職期間を少なくする
働いている年数を変える
もらっている年収より高く設定
取得していない資格名を言う
不十分なスキルを盛って言う
言いたくない退職理由を変える


源泉徴収票や雇用保険証や年金手帳を提出
面接時に書類内容と発言内容が一致しない
与えられた仕事ができていない

担当者に対して態度や言葉遣いなど気をつける

無料で転職活動をサポートしてくれる担当者に対してマナー(身だしなみが悪い・上から目線の態度をとる・言葉遣いが悪いなど)が悪いと判断された場合、見放されて求人を紹介してもらえなくなります。

転職エージェントは企業の信用を落とすようなことはしないので、マナーには十分気をつける必要があります。

マナー対策内容

面談を無断キャンセルしない
キャンセルする場合は前日までに連絡する
面談に遅刻しない
身だしなみを整える
態度を改める
言葉遣いに気をつける

担当者との連絡や報告を欠かさずおこなう

対面面談にしろ電話面談にしろ担当者と需要な場面(面談日調整・面接日調整・入社日調整・内定合否など)で連絡を取りながら転職活動をおこなう必要がありますので、担当者に連絡方法(電話・メール・ライン)を確認することと、連絡して良い時間帯としないでほしい時間帯を伝えておくと良いです。

担当者は転職活動を進めるために連絡をしてくるので、出れる時間と出れない時間を伝えておかないと、頻繁に連絡がきてしつこいと感じたり不安になるので、連絡や報告を欠かさすおこないます。

主に連絡や報告する内容

面談日調整のための連絡
応募したい企業があると報告
面接日調整のための連絡
入社日調整のための連絡
面接が無事終わったことを報告
内定合否の連絡
書類作成相談の連絡
面接対策相談の連絡

複数のエージェントから同じ企業へ応募しない

数社の転職エージェントを利用しているときに同じ企業求人を紹介された場合、担当者が信用できると感じた所で応募するようにすると良いです。

自分の判断ミスで複数のエージェントから同じ企業へ応募してしまうと、企業からそれぞれの転職エージェントに他社からも応募があると連絡が入りトラブルの原因になりますので、注意する必要があります。

同じ企業へ応募しない対策内容

数社利用していることを伝える
信用できそうな担当者を決める
紹介された求人を比べたりメモする

担当者に言われたことをそのまま進めない

転職エージェントを利用するさい一番注意しないといけないのは、面談で担当者に言われたことを鵜呑みにして転職活動を進めないことです。

転職エージェントはマッチする人材を企業に紹介して入社まで導かないとお金が一切入らないシステムなので、キャリアアドバイザーは毎月ノルマが課せられています!

なのでキャリアアドバイザーの中には、転職希望者を(自分のノルマを達成するため・会社の業績に貢献し成績を上げるため)だけに面談の希望内容を無視して求人を紹介してきたり、すぐにでも企業へ応募すよう煽られることも起きます。

もし担当者が自分の希望とかけ離れた求人を紹介してきたり、企業へ応募するよう話を進めてくるなど何かおかしいと感じたら、どうして紹介してくれたのか理由を必ず聞いて下さい。

担当者から言われたことを鵜呑みにして進めてしまうと、(転職しなければよかった・転職エージェントを利用しなければよかった)など失敗に終わるリスクが高まります!

良い担当者・悪い担当者見分け方内容

客観的視点からアドバイスをくれる
利用者の悩みや相談を聞いてくれる
利用者を転職へと導くノウハウが豊富

利用者の希望条件に沿った求人を紹介
利用者に合ったキャリアプランを提供
希望する業界の情報や知識に詳しい
利用者に対しての反応や対応が早い


× 利用者を転職へと導くノウハウが少ない
× 利用者の希望を無視して多く求人を紹介

× 現職よりキャリアダウンの求人を紹介
× 企業へ応募するよう煽ってくる
× 希望する業界の情報や知識が乏しい
× 利用者に対しての連絡や対応が遅い

転職エージェントを上手に活用する5つのポイント

キャリアアドバイザーに使われないよう上手く活用して転職の失敗を防ぐポイント解説しています。

自己分析をおこない転職の軸を明確にする

キャリアアドバイザーと面談をおこなう前に、自己分析(これまで経験してきたこと・自分の性格・自分の強みなこと・自分が好きなこと・今後とういった人生を歩みたいか)することをお勧めします。

転職の軸を明確にするさい、want・can・mustのフレームワーク『want(自分のやりたい仕事)・can(自分ができること)・must(会社が望んでいるもの)』を使い、メモを取りながら自己分析すると良いです!

自分のやりたい仕事が分からず悩んでいる人は、逆にやりたくない仕事や仕事内容を考えて選択肢を減らすことと、(自信をもってできる仕事・経験して取得したスキル・自分の強み・希望する条件)を洗い出してからキャリアアドバイザーに転職相談すると良いです。

自己分析する方法内容

want・can・mustを使う
自己分析ツールを活用する

自己分析する例文内容

人と話すことが好きで相談にのるのが得意。

転職するか悩んでいる人の相談を受けたり、転職希望者がキャリアアップの転職ができ喜びを分かち合えるキャリアアドバイザーの仕事がしたい。

実績を積みながら翌々は国家資格を取り大手人材会社にキャリアアップしたい。

複数の転職エージェントを併用する

転職エージェントの利用を決めたら、転職の失敗を防ぐためにも複数のエージェントを(最低2社~多くて4社)併用した方が良です。

働きながら併用するのめんどくさいと思われるかもしれませんが、自宅で面談をおこなえますし面談で話す内容もほぼ同じです。

それに併用することで、(それぞれの担当者から意見が聞ける・非公開も含め紹介される求人を見比べられる・担当者との相性を比較できる・総合型と専門型を使い分けられる)などメリットが多いです。

併用した方が良い内容

それぞれの担当者から意見を聞ける
紹介される求人を比較できる
担当者との相性を確かめられる
総合型と専門型を使い分けられる
最終的に自分が良いと感じた一社に絞れる

自分でも企業研究して情報を得る

担当者から教えてもらえる企業の内部情報だけに頼らず、自分でも企業研究してメモを取りながら情報を得ることで、転職の失敗を防げます。

企業研究は主に、転職エージェントサイト内の求人情報や企業の公式ホームページや企業口コミサイトや就職四季報の本・業界地図の本でおこなえます!

めんどくさいと思われるかもですが、(企業に勤めている人or勤めていた人の口コミを知れる・他社との違いを比較できる・企業とのミスマッチを防げる・応募する企業を絞れる・志望動機の作成がしやすくなる・面接で自己アピールできる)などメリットが多いです。

企業研究の仕方内容

転職エージェント内の求人情報
企業の公式ホームページ
企業口コミサイト
就職四季報の本
業界地図の本

転職する意思があることを担当者にアピールする

転職エージェントは基本転職希望者を10人以上を一人のキャリアアドバイザーが受け持っていますし、優秀な担当者は多くの人を転職サポートしているので、面談後音沙汰なしの状態が長くなればなるほど相談だけで転職する気がないとみなされ後回しにされてしまいます。

なので、面談を通して転職活動のサポートをしてもらいたい担当者と出会えたら、自分から転職する意思があることを担当者にアピールすることが大事になります。

自ら担当者にアピールする理由内容

担当者は一人で10人以上受け持っている
優秀な担当者は多くの人を受け持っている
面談後期間が長く空くと後回しにされる

担当者との相性が合わなければ変えてもらう

キャリアアドバイザーと一緒に転職活動していくので、面談時に話していて相性が合わないと感じたら、担当者を変えてもらう行動をすると良いです。

合わない担当者と転職活動を進めてもストレスをためるだけですし、良い転職活動ができないので時間だけが無駄になります。

公式サイト内のお問い合わせを利用すると良いですし、メールでも伝えずらい又はもう利用したくない場合は、違う転職エージェントに切り替えて真剣に向き合ってくれる相性の良い担当者を探すのが良いです。

相性が合わない場合の対策内容

転職エージェントに連絡して伝える
公式サイト内のお問い合わせで伝える
違う転職エージェントに切り替える

担当者の変更を依頼するメール例文内容

いつも大変お世話になっております。
転職の支援をしていただいている〇〇と申します。
現在ご担当者の〇〇様にはていねいなご対応で感謝しております。
しかし〇〇様のご意見と私が希望しているものとで、少しずれを感じております。
私自身にも問題があることは承知の上なのですが、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。
大変お手数をおかけしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

まとめ

キャリアアドバイザーと面談する必要がある代わりに様々なサポートを受けながら転職活動できますので、上記のような人におすすめです。

転職エージェントを利用するにあたって注意しなければならないこともありますが、上手に活用すれば一人で転職活動するよりも書類選考率・内定率が高まりますので、参考にしていただければと思います。

転職エージェント【詳細表】
運営許可厚生労働省の許可が必要
転職活動担当者と二人三脚で進めていく
利用料金利用料金(0円)で利用できる
報酬料金入社後に企業側から紹介料を貰う
年齢制限転職エージェントによって異なる
利用特権企業宛に推薦状を書いてもらえる
登録方法公式サイト内で登録をおこなう
活動方法近くの拠点へ出向くor自宅から
非公開求人紹介してもらえる
求人応募代行で応募してもらえる
書類作成書類作成の添削してもらえる
面接対策面接対策のアドバイスをもらえる
面接日日時を代行で調整してもらえる
入社日日時を代行で調整してもらえる
条件交渉
条件交渉を代行してもらえる
入社後入社後のフォローをしてもらえる
退会利用を辞めるさい退会できる
サービス名転職エージェント転職サイトハローワーク
比較項目
転職支援

求人情報

ハローワーク
利用料金無料で利用できる無料で利用できる無料で利用できる
転職相談時間をかけて相談に乗ってもらえる相談に乗ってもらえない短時間相談に乗ってもらえる
求人数非公開求人を多く取り扱っている多く取り扱っている非常に多く取り扱っている
求人の質大手企業や優良企業の求人を多く取り扱っている様々な求人を取り扱っている住んでいる地域の求人を多く取り扱っている
企業情報企業情報を教えてもらえる企業情報が掲載してある自分で検索などして情報を得る
直接応募企業に直接応募することができない企業に直接応募することができる企業に直接応募することができない
書類対策書類対策のサポートを受けられるサイト内の記事を読んで対策する書類対策のサポートを受けられる
面接対策面接対策のサポートを受けられる自分で対策する必要がある面接対策のサポートを受けられる
日時調整スケジュール調整を代わりに企業とおこなってもらえる自分で企業とおこなう必要がある自分で企業とおこなう必要がある
条件交渉条件交渉を代わりに企業とおこなってもらえる自分で企業とおこなう必要がある自分で企業とおこなう必要がある
退職対策職場を退職するさいのサポートを受けられる自分で対策する必要がある自分で対策する必要がある
       スクロールできます🔛

関連記事