【完全ガイド】転職の始め方を5つのステップでわかりやすく解説!

以下の『悩み・疑問』を記事内で解決

 始めて転職を考えているけど何からやれば良いか分からない!

転職活動するにあたって正しい進め方が知りたい!

転職活動を始める前に知っておいた方が良いことはある?

 キャリアアップするための転職又は違う業種や職種に就きたいけど初めて転職活動するから手順や進め方が分からない人も多いかと思います。

就職活動と転職活動の違いとして、就職活動は主に(学歴+人間性重視)ですけど、転職活動では(学歴+キャリア+人間性)が問われることです。

このページでは、転職活動する前に知っておきたい事転職活動基本的な流れを【STEP1STEP5で余すところなく解説しています!

転職の基本的な流をSTEP1からSTEP5での結論内容の説明

【STEP0】転職活動を始める前に知っておきたい5つの事

転職活動する前に知っておきたい5つの説明

コロナ鍋で転職市場に与えた影響は

コロナ禍での転職市場の変化と企業が取り入れた分析内容2020年4月の緊急事態宣言以降、人材募集をストップする企業が増えたりと転職市場に大きく影響を与えました。

特に生活関連サービス、飲食、観光、娯楽、小売り、アパレルなどが新型コロナの影響をまともに受けた業界と言えますし、元から人材不足やそこまで影響を受けてない医療、介護、TI、通信業界もありました。

パーソルキャリアの分析によりますと、企業もコロナ対策として(webでの面接を取り入れるリモートワークを取り入れる副業可能を受け入れる)などの変化が見受けられます!

2021年5月を境に人材募集する企業数(金融、製造、建築)や求人倍率が増えたとは言え、影響を受けた業界や未経験者歓迎の求人はコロナ前に比べて少ない状態になってしまいました。

求人倍率は、材募集している求人件数に対して求職者が何人いるかを表している数字なので、高ければ就職や転職がしやすく、低ければ難しくなります。

コロナ禍で企業の導入が増えた対策内容

◎ web面接(zoom・テレビ電話)を導入した企業が増えた

◎ リモートワーク(自宅勤務)を導入した企業が大幅に増えた

◎ 副業でも収集を得てOKな企業が増えた

ハローワークの一般職業紹介状況(令和4年3月分)の分析47都道府県のハローワーク有効求人倍率

北海道 『1.17
青森県 『1.30
岩手県 『1.42
宮城県 『1.35
秋田県 『1.67
山形県 『1.66
福島県 『1.57
茨城県 『1.62
栃木県 『1.27
群馬県 『1.54
埼玉県 『1.13
千葉県 『1.13
東京都 『1.00
神奈川県『1.03
新潟県 『1.52
富山県 『1.67
石川県 『1.56
福井県 『2.05
山梨県 『1.58
長野県 『1.67
岐阜県 『1.69
静岡県 『1.37
愛知県 『1.32
三重県 『1.57
滋賀県 『1.33
京都府 『1.15
大阪府 『1.00
兵庫県 『1.12
奈良県 『1.35
和歌山県『1.26
鳥取県 『1.61
島根県 『1.87
岡山県 『1.54
広島県 『1.35
山口県 『1.67
徳島県 『1.36
香川県 『1.56
愛媛県 『1.52
高知県 『1.13
福岡県 『1.07
佐賀県 『1.57
長崎県 『1.32
熊本県 『1.52
大分県 『1.45
宮崎県 『1.51
鹿児島県『1.45
沖縄県 『0.95

引用元:厚生労働省『2022年5月』

転職するメリットとデメリットは

転職するメリットとデメリットの説明やりたい仕事があり将来を見据えたうえで転職すれば目標に向かって仕事のキャリアアップできますが、退職金がある企業から転職する場合は、もらえるお金が少ない又は入社2~3年以内だともらえないこともあります。

自分の市場価値『これまでの経験や実績やスキルを他社から見て価値のある人材か』が高ければ前職より評価や年収アップできますが、市場価値は転職活動して見ないとなかなか分からないです!

逆に経験したことのない未経験の業種に転職すれば、即戦力になるまで時間がかかるため前職より年収が下がるケースも見受けられます。

(在職で評価が低い人間年関係が上手くいかない)の理由で転職すれば、リセットされますが、新しい環境に慣れるまで時間がかかりますしもしかしたら同じで問題が解決しないことも起こりえます。

同じ業界に転職したけどやり方が違うから今までの経験やスキルが役に立たない分、新しいことにチャレンジでき思考や知識の視野を広められたりもします。

上記のようにメリットはもちろんデメリットもありますので、転職を視野に入れている人は覚えておくと後悔や失敗を防げますので役に立ちます。

転職活動した方が良い人の特徴内容

キャリアプランが明確である
現在の労働条件に不満がある
今の仕事内容が自分に向いていない
仕事内容に対して給料に不満がある
このまま続けたら病気になりそう

転職するにあたって最適な時期は

中途採用の求人が多い時期と中途採用の求人が少ない時期の説明転職活動するにあたって中途採用の求人が一番多い時期は1月~3月で、(冬のボーナスをもらってから辞める人が増える4月の新年度入社に向けて転職活動する人が増える)等を企業は知っていますし、新年度に向けて体制を整えたいことも重なるためです!

それと、新年度を迎えるまでに企業が設けている採用予算を全て使い切りたい狙いもあるので、多くの求人が集まります。

9月~10月も夏のボーナスをもらってから辞める人が増えたり、企業は下半期に向けて体制を整えるための補充するため中途採用の求人が増えます。

逆に4月~5月にかけては新卒採用が多い時期なので、中途採用は減少する傾向にありますし、GWや夏と冬の長期休暇のに入る月も応募者との日程調整が難しくなるので、採用活動が減少します。

それを踏まえて中途採用の求人が多く集まる時期に転職活動すれば良いと思いがちですが、(転職希望者や求人が多い=ライバルが多い)(転職希望者が多くない=ライバルが少ない)に例えられるので、自分が本当に転職したいと思ったときに転職活動するが良いですよ!

転職活動するなら在籍中か退職後のどちらが良いか

在籍中に転職活動するメリット&デメリットと退職後に転職活動するメリット&デメリットの説明転職活動するにあたって(在籍or退職後)で悩む人もいらっしゃるかと思いますが、それぞれメリットとデメリットがありますし、在籍しながら転職活動をおこなうことにより失敗や後悔を失くせます。

働きながら転職活動するメリットはなんと言っても金銭面の心配が要らない事や自分の希望条件に合う企業が無かったらいつでも中断や再開ができることが大きいです。

在籍のデメリットは、働きながらなので中々転職活動する時間を確保しずらいですし、希望条件の合う急募求人に応募しずらいが当てはまります。

会社の上司や同僚に転職活動していることを察知されないように、面接日や入社日のスケジュール調整にも苦労すると思われます。

逆に退職してから転職活動するメリットは、人目を気にせずじっくり転職活動に専念できることや希望条件の合う急募求人に応募できることが大きいです。

急募求人は何時でも入社できる人を優先しているので、退職者に有利と言っても過言ではありません!

退職のデメリットは、金銭面に余裕が無くなると焦りだす事や転職活動期間が長引くと(退職後6ヶ月以上無職)転職の希望条件を妥協しがちになり、失敗や後悔に繋がるリスクがあります。

それに働いていないブランク期間が長くなると(1年以上)自身の市場価値が下がる恐れがあり、転職出来たとしてもキャリアダウンに繋がりかねません。

転職するまでにかかる期間は

転職活動にかかる期間の説明転職活動するにあたって一般的な流れと入社までにかかる期間を把握することにより、スムーズに活動することができます。

在籍しながら転職活動する人が転職するまでにかかる期間は平均36ヶ月です!

退職後に転職活動すれば内定をもらってから入社するまでの期間が短くできます。

転職活動において一番重要な自己分析、企業研究、書類作成の準備期間に1ヶ月程度かけて万全にしていきます。

しっかり自己分析をおこなったうえで企業研究しないと、(志望動機を魅力的に書けない書類選考で落ちる面接までいっても内定をもらえない率が上がる)など転職するまでの期間が長くなります。

企業のホームページから直接応募する以外にどの転職サービス(転職エージェント転職サイト・ハローワーク)を利用するかによっても、転職までの期間が変わってきます!

転職活動が長引く原因内容

転職の方向性が定まっていない
自身のスキルに似合わない企業に応募
一度に複数社応募していない
スケジュール調整がうまくいかない
思いのほか退職交渉に時間がかかる

【STEP1】自己分析をおこない自身を深堀する

転職を考える際に自己分析する3つのポイントの説明

自己分析の対策方法

転職エージェントでサポートを受ける
キャリアコーチングでサポート受ける
YouTubeで自己分析関連の動画を見る
Voicyで自己分析関連の音声を聞く
Twitterで自己分析関連の情報を得る
Instagramで自己分析関連の情報を得る
webで自己分析関連の記事を読む
自己分析関連の本を購入し読む

自己分析するメリット・自己分析しないデメリット

転職で自己分析するメリットと自己分析しないメリット の説明自己分析して転職活動するメリットで一番大きいのは、転職の軸を明確にできますし企業とのミスマッチを事前に防げることです。

それに自己分析が終われば、やりたい仕事(業種職種仕事内容)が自身の中で定まっているので、自己分析をしなで転職活動する人よりも書類選考率や内定率を上げられます!

逆に自己分析を行わず転職活動すると、求人の募集内容だけを見て応募する形になるので、企業とのミスマッチが起きやすくなります。

(魅力的な応募書類が書けない面接で好印象を与えられない)などにも繋がり、書類選考を通過できない又は内定をもらえないなど転職までに時間がかかってしまいます。

転職して一番合ってはいけないことは、実際に働いてみたら(自分に合わない仕事がきつく入社しなければ良かった)など後悔することです!

転職の軸をはっきりさせることで、現時点では転職しない方が良いかもと判断できるようになりますので、失敗や後悔しないためにも必ず自己分析して始めるように心がけて下さい。

キャリアの棚卸しを行い転職の軸を明確にする

キャリアの棚卸しを行い転職の軸を明確にする説明キャリアの棚卸しを行なうさい、上記の9つを深堀りするのが良いです。

転職は、現職or前職に不満(人間関係キャリアアップ自身の評価が低い年収雇用条件勤務時間仕事内容)などがあるから、それらを改善したいと考えるかと思います。

ですが転職活動は就職活動と違い、未経験者歓迎の募集を除いて基本即戦力の人材を企業側は求めていることです。

そのためにも、キャリアの棚卸しを行い転職の軸を明確にするのが大事になってきますので、自己分析して内容を忘れないためにもメモを取りながら行うのが良いです。

転職するにあたって、やりたい仕事(業種職種)の他に、(譲れない条件妥協できる条件)を決めることが大切になります⇩

仕事内容の条件

自身の得意分野や経験を活かせる企業
スキルを活かせる企業
資格を活かせる企業
未経験分野で新たな経験を積める企業


働き方の条件

勤務地 (地元・県外)
転勤 (してもいい・したくない)
雇用形態 (正社員・契約社員・パート)
月収・賞与 (アップ・現状維持・ダウン)
勤務時間 (定時退社・時短退社あり)
残業 (してもいい・したくない)
休日 (週1日・週休2日・完全週休2日制)
長期休暇あり (GW・夏季・年末年始)
産前後休業・育児休業あり
有給休暇あり
リモートワーク可能
副業可能


企業環境の条件

会社 (上場企業・非上場企業)
外資系の企業で働きたい
グローバル企業で働きたい
ベンチャー企業で働きたい
経営方針に共感が持てる企業で働きたい
昇給・昇進制度のある企業
人事評価制度のある企業
教育研修制度のある企業
女性も多く活躍している企業


福利厚生の条件

保険加入 (健康・雇用・労災・厚生年金)
手当支給 (残業・役職・住宅・通勤・家族)
社員独身寮のある企業
社員食堂のある企業
退職金制度のある企業

キャリアの棚卸しは(WILL・CAN・MUST)を活用する

will ・CAN・MUSTを活用して自己分析する説明キャリアの棚卸しをおこなうさいWILLCANMUST』を活用することにより、転職の軸を具体化しやすくなります!

自己分析で言うWILLのやりたいこと(仕事)CANのできること(やりたい仕事に対して自分にできる強み)を明確にする必要があります。

やりたい仕事を明確にする方法として主に業種、職種、絶対に譲れない条件、妥協できる条件を決め、自信に問いかけるよう一つ一つになぜ(なぜその業種が良いの?なぜその条件が譲れないの?)を使うと良いです!

やりたい仕事を決めたら、実現させるためにCANの自分にできる強みをだします。

自分にできることは主に○○の実績がある、○○力がある、○○のスキルがある、○○の資格がある、○○のノウハウがある、○○が得意を当てはめます!

WILLのやりたい仕事とCANの自分にできる強みを明確にしたら、最後のMUSTのしなけらばならない(企業から求められている仕事ができる人材か)を企業研究をおこないながら探していく流れになります。

なお、初めて転職活動する人や転職の軸が決められない人には、キャリアアドバイザーから様々なサポートを受けられる転職エージェントがおすすめです。

利用するさい面談が必要になりますが、プロの視点から客観的なアドバイスをもらえますし、現在の自分の市場価値(実績や経験や取得したスキルなどから、価値があると思ってもらえる企業が何社あるか)を知ることができます!

【STEP2】人材募集している企業の情報収集する

企業求人を探す際に無料で利用できる4つやり方の説明
サービス名転職エージェント転職求人サイトハローワーク企業ホームページ
比較盲目
転職支援


求人情報

職業紹介

採用情報
利用料金無料で利用できる無料で利用できる無料で利用できる無料で利用できる
転職相談時間をかけて相談に乗ってもらえる相談に乗ってもらえない短時間相談に乗ってもらえる相談に乗ってもらえない
求人数非公開求人を多く取り扱っている多く取り扱っている非常に多く取り扱っている見る企業の求人だけを取り扱っている
求人の質大手企業や優良企業の求人を多く取り扱っている様々な求人を取り扱っている住んでいる地域の求人を多く取り扱っている見る企業によって質が異なる
企業情報企業情報を教えてもらえる企業情報が掲載してある自分で検索などして情報を得る企業情報が掲載してある
直接応募直接応募することができない企業に直接応募することができる直接応募することができない企業に直接応募することができる
書類対策書類対策のサポートを受けられるサイト内の記事を読んで対策する書類対策のサポートを受けられる自分で書類対策する必要がある
面接対策面接対策のサポートを受けられるサイト内の記事を読んで対策する面接対策のサポートを受けられる自分で面接対策する必要がある
日時調整スケジュール調整を代わりに企業とおこなってもらえる自分で企業とおこなう必要がある自分で企業とおこなう必要がある自分で企業とおこなう必要がある
条件交渉条件交渉を代わりに企業とおこなってもらえる自分で企業とおこなう必要がある自分で企業とおこなう必要がある自分で企業とおこなう必要がある
退職対策職場を退職するさいのサポートを受けられる自分で退職対策する必要がある自分で退職対策する必要がある自分で退職対策する必要がある

転職エージェント

転職エージェントの仕組みを解説転職エージェントは、転職希望者と人材を雇用したい企業の仲介役をしている人材紹介サービスです。

紹介した転職希望者が内定をもらい入社することにより、企業側から紹介報酬料が支払われるので、利用者は一切料金がかからずサポートを受けられます。

会員登録後の転職エージェントサービスの内容として初めに、近くの拠点又は自宅でキャリアアドバイザーと面談で(学歴職歴転職理由希望条件)を聞いた後に、非公開求人を含む企業求人を紹介してもらえます。

その他にもキャリアアドバイザーから、自己分析のアドバイス、応募書類のアドバイス、企業内の部情報を提供、代行で応募、面接日や入社日のスケジュール調整、面接対策のアドバイス、円満退職のアドバイス等のサポートを無料で受けることができます!

転職エージェントがおすすめな人

◎ 初めて転職するか悩んでいる
◎ キャリアの方向性が明確になっていない
◎ 働きながら効率よく転職活動したい
◎ 履歴書や職務経歴書の作成が苦手
◎ 面接が苦手で自信がもてない


転職エージェントの流れ

1.転職エージェントの会員登録をおこなう
2.キャリアアドバイザーと面談をおこなう
3.面談内容をもとに求人を紹介される
4.応募書類の添削や企業に応募して貰える
5.面接対策のサポートを受け本番に挑める
6.内定後に退職対策のアドバイスを受ける
7.転職後も相談に乗ってもらえる

転職求人サイト

転職求人サイトの仕組みを解説転職求人サイトは、人材募集をかけたい企業に対して求人の掲載を提供している求人情報サービスです。

企業側から掲載料が支払われるので、利用者は一切料金がかからずサイト内の求人検索から企業に直接応募することができます!

その他にも様々な転職に役立つ情報コンテンツ(自己分析診断・転職ノウハウ記事・セミナー)等を活用できます!

転職サイトがおすすめな人

◎ 自分のペースで転職活動を進めたい
◎ 多くの求人を比較しながら応募したい
◎ 転職エージェントで紹介求人が無かった


転職サイトの流れ

1.転職サイトの会員登録をおこなう
2.求人検索内でマッチする企業を探す
3.応募書類記事などを参考に作成する
4.選考の流れを確認し直接企業へ応募する
5.面接対策記事などを参考に本番へ挑む
6.内定後に円満退職記事などを参考にする

ハローワーク

ハローワークの仕組みを解説ハローワークは、失業中の人や就職又は転職を希望する人に向けた職業紹介・職業相談サービスです。

厚生労働省が運営しているサービスなので、利用者、人材募集をかけたい企業のどちらも完全無料で活用することができます。

web上でも掲載求人を見ることができますが、職業相談や企業へ応募するには自宅から近くのハローワークへ行き求職申込み手続きが必要があります。

その他にも職員から企業へ気になる点を聞いてもらえる、応募書類のアドバイス、面接対策のアドバイス等のサポートを無料で受けることができます!

ハローワークがおすすめな人

◎ 自分のペースで転職活動したい
◎ とにかく地元の企業で働いたい
◎ 仕事経験が浅く現在失業中
◎ 身につけたスキルがないに等しい
◎ 応募書類の作成や面接が苦手
◎ 休業している期間が長い
◎ 何度も転職を繰り返している


ハローワークの流れ

1.ハローワークで求職申込手続きを行う
2.求人を探し職員に企業へ応募を伝える
3.応募書類のサポートを受けられる
4.紹介状を貰い自分で応募する
5.面接対策の支援を受け本番に挑める

企業公式ホームページ

企業ホームページの仕組みを解説企業公式ホームページは、仕事内容や条件がマッチし本社で働きたい人に向けた採用情報を掲載されています。

ホームページ内から直接応募できる他にも、企業情報(創業者メッセージ・企業理念・企業組織図・企業の歴史・企業の事業内容・社員インタビュー等)を知ることができるので、企業研究も合わせておこなえます!

企業ホームページがおすすめな人

◎ 自分のペースで転職活動したい
◎ 働きたい企業が決まっている
◎ 転職エージェントの利用経験がある
◎ 応募書類の作成や面接に自信がある

企業研究するさい確認すべき項目内容

企業研究で確認すべき項目とメリットの説明自己分析をした後に企業研究することで、自分の譲れない条件と企業が求めている条件がマッスするかを明確にできる、自分の経験やスキルを活かせる企業かが解る、入社後のミスマッチを防げるのメリットがあります。

それに企業を詳しく知ることで、志望動機の作成や自分を売り出す自己PRに活かせ書類選考率を上げれますし、面接でのアピール(面接官に本社の事ちゃんと知っているなと印象を与えられる)に繋げられます。

企業のホームページで企業研究するさい、『代表取締役名・経歴・経営者メッセージ・設立年・資本金・上場しているか・社員数・会社の営業理論・ビジョン・沿革(会社の歴史)・商品の取引先・サービスの提供方法・IR(売上高営業利益)・求人内容・社風(会社の雰囲気)』を確認するのが良いです!

得られる情報として会社として将来的に目標としていることは何か、何に価値を置いている企業か、どういった人が受けられやすいか、企業の強みは何か、取引先はどういった企業か、自分に合う会社の雰囲気か、任される仕事で必要な経験やスキルは何かなどが知れます!

【STEP3】応募書類の作成をおこない企業に応募する

履歴書と職務経歴書の作成の説明

応募書類の対策方法

転職エージェントでサポートを受ける
YouTubeで応募書類関連の動画を見る
Voicyで応募書類関連の音声を聞く
Twitterで応募書類関連の情報を得る
Instagramで応募書類関連の情報を得る
webで応募書類関連の記事を読む
応募書類関連の本を購入し読む

履歴書と職務経歴書の違い

履歴書と職務経歴書で見られる所の違いを説明履歴書と職務経歴書は、応募する企業の採用担当者から会って話を聞いてみたいと思わせるための書類になります。

現在では履歴書を書くさい、(手書きorパソコン)のどちらで書いても問題ないです。

見られる所として、主に顔写真、学歴、職歴、転職回数、免許や資格、志望動機、職場までの距離で、企業が求める条件と一致しなければ職務経歴書を見てもらえず終わってしまいます!

例として、企業が基準として募集をかけている人材像(大学卒以上○○歳未満○○免許持ち○○資格持ち)に当てはまらない時点で切られます。

ある程度企業が任せる実務と一貫性のある職歴でないと、即戦力として働けるかと疑問に思われたり、転職回数が多くなるほど入社してもまた辞められるんじゃないかと不安にさせてしまうので、ライバルが多い企業になればなるほどマイナス要素になってしまいます。

志望動機に関しても、きちんと任せられる実務と一貫性の内容をアピールしないと、これまで多くの応募書類を見てきた採用担当者からしたら、別にうちの会社じゃなくてもと思われかねません。

履歴書と職務経歴書は、応募する企業の採用担当者から会って話を聞いてみたいと思わせるための書類になります。

履歴書作成の注意点

手書き又はパソコンのどちらでも構わない
誤字脱字が無いか確認する
手書きで間違えたら新しく書き直す
任せられる実務内容に合わせて書く
伝わりやすいよう具体的に書く

最後に見られる職務経歴書は、これまで行ってきた業務経験や取得したスキルをアピールする書類になります!

職務経歴書に限って、手書きよりもパソコンで書く方が良いとされています。

理由としまして、市販だと書くスペースが限られるのでアピールが足りない職務経歴書になってしまいがちですが、パソコンだとレイアウトされた職務経歴書をダウンロードして書くことにより、採用担当者が見てもアピールが伝わる書類にできるからです!

見られる所として、主に経験、スキル、業務内容、結果をだしたこと、工夫したこと、職務経歴書の信憑性があるか、プレゼン力があるか{見やすい職務経歴書か})です。

履歴書では企業が求める条件に当てはまるか、職務経歴書では企業が任せる実務内容の経験や工夫や実績があるかをクリアして、ようやく面接の流れとなります。

それと、履歴書と職務経歴書の内容は良くても、誤字脱字があるや手書きで文字を間違えても修正機を使い上から書き足すなどはマイナス(仕事が雑なのではミスが多いと思われる)になりますので、十分に気を付けて記載するようにします!

内容も具体的(数年○年)(さまざまな人に向けた→○○に向けた)に分かりやすく書くことで担当者に伝わりやすくなるので、心がけると良いです。

職務経歴書作成の注意点

パソコンで書く方が良い
A4サイズの用紙を1~2枚にまとめる
誤字脱字が無いか確認する
任せられる実務内容に合わせて書く
伝わりやすいよう具体的に書く

履歴書作成5つのポイント

履歴書に記載する内容の説明履歴書を作成するにあたって、個人情報・学歴&職歴・免許&資格・志望動機・本人希望欄に分かれています。

1⃣記入日は、郵便で送る日又は持参する日を記入し、古い日付など使いまわしはNGです。

決まりはないですが、顔写真はあまり変わらない3か月以内に撮影したものをはるのが目安とされています。

2⃣学歴は、高校入学から書き出し(学校名・学部・学科名)は省略せずに記入します。

職歴も(会社名・支店名・配属場所)を省略せずに記入し、アルバイトの場合はアルバイトとして入社、派遣の場合は派遣社員として入社と記入します。

担当していた業務内容も記入し、職場を自分から辞めたら場合は一身上の都合により退社、解雇された場合は会社都合による退社と記入します。

3⃣免許は、普通自動車の場合正式名称の普通自動車第一種運転免許取得と記入します。

資格は、任せられる業務と関連のあるものを記入します。

ちなみに資格取得のために勉強中の場合は○○の取得を目指し勉強中、資格取得予定の場合は○○の試験を○○年○月に受験予定と記入できます。

4⃣志望動機は、なぜ応募する企業で働きたいのかを分かりやすく伝え、採用担当者にアピールする目的があります。

【例】貴社の○○に魅力を感じました。私は、〇年○○に携わり業績を○○%アップさせた経験を活かし、○○に貢献したいと思い応募しました。

(興味を持った内容・数字を活用・経験やスキルの内容・貢献できる内容・入社後にかなえたい内容)など、自分なりのストーリーを描いて相手に伝わりやすく書くのことを意識します!

志望動機で絶対に書いてな駄目なワードとして、(自宅から近い・給料が魅力・学べると思い応募)などを含めるとマイナスにしかなりません。

5⃣本人希望欄は、何もなければ『貴社の規定に従います』が一般的です。

書くべき内容として、(複数ある場合の希望職種・連絡希望時間・入社可能時期)で、書くとマイナスになる内容は(働く場所が決まっているにも関わらず希望の勤務地・給料の希望額)です。

職務経歴書作成5つのポイント

職務経歴書に記載する内容の説明職務経歴書を作成するにあたって、職務要約・職務経歴・スキル・資格・自己PRに分かれています。

1⃣職務要約は、これまでの職歴を100~200文字程度にまとめたものになります。

職務要約の内容(会社名・年数・携わってきた業務内容・経験してきた内容・身につけたスキルの内容・達成した実績)と貴社で任せれれる業務内容がマッチしていることを採用担当者にアピールでき、興味を持ってもらえる内容にします。

2⃣職務経歴は、これまでどういったキャリアを積んできたを記載する物になります。

(会社名・務めた期間・業務内容・受け持った仕事内容・実績内容・成果を出すために工夫した内容)を分かりやすく記載します。

3⃣スキルは、任される業務と関連するスキルがある場合に記載します。

4⃣資格は、任される業務と関連する資格がある場合に記載します。

5⃣自己PRは、貴社で活かせる自分の強み(○○力)やスキル(○○スキル)を分かりやすく具体的に記載します。

【STEP4】書類選考に通過したら面接対策して本番に挑む

本番に備える面接対策3つのポイントの解説

面接の対策方法

転職エージェントでサポートを受ける
YouTubeで面接関連の動画を見る
Voicyで面接関連の音声を聞く
Twitterで面接関連の情報を得る
Instagramで面接関連の情報を得る
webで面接関連の記事を読む
面接関連の本を購入し読む

面接で必ず聞かれる5つの質問内容

面接で見られている所と必ず聞かれる5つの質問内容の解説企業は人材を1人採用するだけでも多くの費用コスト(給与・社会保険料・福利厚生費)が掛かるので、応募書類だけでなく面接(複数回の企業もある)がおこなわれます。

自社に合う人間性かと即戦力として自社の業務を任せられる人材かを確認するための面接になります。

面接で見られる所として、質問には関係ない身だしなみと質問で分かる言葉遣い、コミュニケーション能力、業務に対しての熱意、考え方や人柄が自社に合うかです。

また面接で必ず聞かれる質問内容は、自己紹介に始まり企業が一番聞きたい(自己PRこれまでのキャリア転職理由志望動機)で最後に逆質問になります。

自己紹介では、名前、職種や仕事内容、趣味、特技を1分程度で伝えます。

自己PR、キャリア、転職理由、志望動機は、即戦力として業務に取り組めるとことを面接官に伝わるような内容にします。

最後の逆質問でマイナス評価になる内容は、特にありませんや調べれば分かる内容や面接官が一度話した内容です。

逆質問の例として(配属される部署の社風は○○のスキルも活かせるか入社までにしておいた方が良いことは将来的にも他に身につけた方が良いスキルは)など積極性や熱意が伝わる内容になります。

企業は人材を1人採用するだけでも多くの費用コスト(給与・社会保険料・福利厚生費)が掛かるので、応募書類だけでなく面接(複数回の企業もある)がおこなわれます。

面接を受けるさいの身だしなみ

面接を受ける際の注意する身だしなみの説明自分と同じく即戦力として与えられる業務をこなせるライバルがいれば、人間性は自社に合うかを評価するのに身だしなみ(清潔感があるか)も非常に重要となります。

第一印象をよくするためにも髪型、顔、爪、服、靴、持ち込むかばん、携帯電話、腕時計に気を配り本番の面接に挑みましょう!

髪型のチェックポイント

寝ぐせを整える
男女ともに黒色が良い
髪は額をだした方が印象が良くなる


顔のチェックポイント

化粧を濃くしないようにする
ひげのそり残しをしない
鏡でめやにがついてないか確認する


爪のチェックポイント

見られても恥ずかしくない長さに整える
ネイルをしていかない


服のチェックポイント

黒又はネイビーのスーツが良い
スーツにシワや汚れがないか確認する
自身にフィットするサイズにする


靴のチェックポイント

男性は革靴で女性は黒のパンストが良い
汚れが目立たないように磨く


その他のチェックポイント

スーツに合うかばんにする
会場に入る前に携帯の電源をオフにする
腕時計を身に着け時間を確認する

面接の基本的な流れ

面接の基本的な流れの説明面接は、会場に入り受付から終わって会場を出るまでが評価の対象になると言っても過言ではありません。

面接前の待合室で携帯を操作する、足を組んでくつろぐや面接終わりにワイシャツを緩める、ネクタイを取る、会場内で電話をかける所を面接官又は従業員に見られる恐れがあるので、気を引き締めます!

ドアをノックしたら対面での面接が始まりますので、深呼吸して脳と心を落ち着かせてから自分のタイミングでスタートされると良いです。

面接は、会場に入り受付から終わって会場を出るまでが評価の対象になると言っても過言ではありません。

入室から退室までの一連の流れ

1 ドアを3回ノックする

2 面接官からどうぞと声をかけられたら失礼しますと答える

3 両手でドアを優しく閉めたら椅子の横に立つ

4 お辞儀をして挨拶を交わす

(本日は貴重な時間を頂きましてありがとうごさいます、宜しくお願いします)

5 お座りくださいと言われたらゆっくり座る

(かばんは椅子の横に立てかけるように置く)

6 自己紹介をお願いしますと言われたら1分程度で答える

7 面接官から質問された内容を分かりやすく答える

自己PR退職理由志望動機その他(企業によって内容が異なる)

8 具体的な条件の確認をおこなう

(メモを取りたい場合は、必ず面接官に聞き許可が下りたらおこなう)

9 最後に企業に対して何か質問はありますかと言われたら答える

10 面接を終わりますと言われたらかばんを持ちゆっくりと立つ

11 椅子の横に立ち挨拶をしてたらお辞儀をする

(ありがとうございました、失礼します)

12 ドアの前に立ちもう一度お辞儀をしてからドアをあけて両手で優しく閉める

【STEP5】内定を承諾し職場を円満に退社する

内定を承諾し入社に備える退職対策3つのポイントの説明

退職の対策方法

転職エージェントでサポートを受ける
YouTubeで退職関連の動画を見る
Voicyで退職関連の音声を聞く
Twitterで退職関連の情報を得る
Instagramで退職関連の情報を得る
webで退職関連の記事を読む
退職関連の本を購入し読む
退職代行サービスを利用する

企業口コミサイトを活用する

企業口コミサイトで知れる情報内容の解説
サービス名エン ライトハウスオープンワーク転職会議キャリコネ
比較内容

設立年数2011年2007年2011年2006年
利用者数5000万人450万人700万人1700万人
掲載企業数50万社15万社20万社62万社
掲載口コミ数1400万件1200万件300万件100万件
掲載求人数無し11万件21万件37万件
無料利用条件無料登録が必要無料登録が必要
口コミを1投稿
無料登録が必要
口コミを1件投稿
無料登録が必要
口コミを1件投稿
無料利用期間無し口コミ投稿 180日無料登録 2日間
口コミ投稿 39日
口コミ投稿 1年間
月額利用料金01,100円 自動更新980円 自動更新0

面接の結果無事内定をもらえたけど承諾するか不安感じたら、企業口コミサイトを利用してみるのが良いです!

もしくは自分で気になる求人を見つけた際や、転職エージェントのキャリアアドバイザーから紹介してもらった求人を応募する前に企業口コミサイトで確認するのにも活用できます。

利用する企業口コミサイトによもりますが、口コミ投稿した会社の総合評価や正社員の平均年収や会社の月間残業時間を登録しなくても見ることができます。

社員や元社員の口コミを見るには無料登録が必要になり、プラス自身の口コミを1件投稿する条件の所もあります。

利用している人の多い企業口コミサイトは、en Lighthouse(エン ライトハウス)・openwork(オープンワーク)・転職会議キャリコネ』の4つになります!

退職願作成7つのポイント

退職願に記載する内容の説明職場を円満に退職するために、退職届ではなく退職願を提出します。

主な違いとして、退職願は(○○日をもって退職したいです)と引継ぎなども考慮し会社の合意を求める内容で、退職届は(○○日をもって退職します)と引継ぎや会社の合意を無視して自分で退職日を決めた内容になるので、失礼に値しますしよく思われません。

1⃣退職願と記載します。

2⃣私儀(わたくしごとではありますがの意味)と記載します。

3⃣退職理由が転職するためなら、一身上の都合によりと記載します。

4⃣退職希望日を記載します。

5⃣届出年月日を記載します。

6⃣所属部署名、横に氏名を記載し、すぐ下に捺印(なついん)を押します。

7⃣宛名(会社名と最高執行責任者の役職名と氏名)を記載します。

退職までの基本的な流れ

退職の基本的な流れの解説転職先が決まり円満に退職するためにも、基本的な流れを知り自分で退職までのスケジュールを組むのが大切になります。

先ず会社で定められている就業規則(退職に関する項目)を確認します。

もしも退職予定日の○日前までに意思表示することと記載してある場合には、必ず規定に従い余裕をもって退職交渉するのが良いです。

理想としては2ヶ月前に言うのが良いですが遅くても1ヶ月半まで、転職交渉の注意点として、必ず始めに直属の上司に退職を言うことです。

先に仲のいい同僚や会社の社長に退職することを伝えた場合に起こることとして、自分から上司に伝える前に、社長や部下から退職の話を聞かれれば円満退職とはいかなくなるからです!

退職する1ヶ月前までには具体的な日取りを決め、退職願を提出します。

後任者が決まれば引継ぎを退職日より数日前に終わるようにスケジュールとたて、これまでの経緯やこれからの予定を伝えます。

退社当日は業務の他に、挨拶回りと整理整頓(会社から借りていた備品は返す、自分の私物を持ち帰る)をおこないます。

会社に返金するもの 

健康保険被保険者証 (社会保険加入者)
社員証・名刺 (お持ちの人)
制服・作業着 (借りている人)
会社からの借物 (携帯電話・パソコン等)


会社から受け取るもの

年金手帳 (社会保険加入者)
雇用保険被保険書者証 (加入者)
離職票 (失業手当を受け取る人)
源泉徴収票 (1ヶ月程度で発送される)
退職証明書 (転職先で必要な人)

転職のやり方『まとめ』

転職活動を始めるにあたっての流れをステップ順に解説してきましたが、いかがでしたでしょうか⁉

始めに自己分析を行い転職の軸を決めてから、企業求人の情報収集を行うことで後悔や失敗や企業とのミスマッチを防げます。

また、初めて転職を視野に入れている人にとって働きながら転職活動するのは大変ですので、無料で様々な転職サポート(転職相談で自身の市場価値を測れる・求人紹介・応募書類の添削・面接対策・スケジュール調整・条件交渉など)を受けられる転職エージェントの利用がおすすめです!

サービス名転職エージェント転職求人サイトハローワーク就労移行支援
比較内容
転職支援

求人情報

職業紹介

就職支援
利用料金無料で利用できる無料で利用できる無料で利用できる前年度の世帯収入によって違う
現職利用働きながらでも利用することができる働きながらでも利用することができる働きながらでも利用することができる働いている人は利用することができない
利用期間無し無し無し延長を含め3年間は利用できる
職業訓練職業訓練を受けられない職業訓練を受けられないハロートレーニングを受けられる就職するのに必要な訓練を受けられる
職業相談相談に乗ってもらえる相談に乗ってもらえない相談に乗ってもらえる相談に乗ってもらえる
求人数非公開求人を多く取り扱っている多く取り扱っている非常に多く取り扱っている関係ない
求人の質大手企業や優良企業の求人を多く取り扱っている様々な求人を取り扱っている住んでいる地域の求人を多く取り扱っている関係ない
企業研究企業情報を教えてもらえる企業情報が掲載してある自分で検索などして情報を得る自分で検索などして情報を得る
直接応募直接応募することができない企業に直接応募することができる直接応募することができない関係ない
書類対策書類対策のサポートを受けられるサイト内の記事を読んで対策する書類対策のサポートを受けられる書類対策のサポートを受けられる
面接対策面接対策のサポートを受けられるサイト内の記事を読んで対策する面接対策のサポートを受けられる面接対策のサポートを受けられる
日程調整スケジュール調整を代わりに企業とおこなってもらえる自分で企業とおこなう必要がある自分で企業とおこなう必要がある自分で企業とおこなう必要がある
条件交渉条件交渉を代わりに企業とおこなってもらえる自分で企業とおこなう必要がある自分で企業とおこなう必要がある自分で企業とおこなう必要がある
退職対策職場を退職するさいのサポートを受けられる自分で退職対策する必要がある自分で退職対策する必要がある関係ない
定着支援アフターフォローを受けられる定着支援のサポートを受けられない定着支援のサポートを受けられない定着支援のサポートを受けられる

関連記事