ハローワークとはどんなところ?|サービスの仕組みや活用方法などをわかりやすく解説!

以下の『悩み・疑問』を記事内で解決

 ハローワークの利用で受けられるサービスは何?

ハローワークを利用するさい料金は発生するの?

ハローワークで転職活動していく流れが知りたい!

 ハローワークを上手く活用するコツが知りたい

ハローワークは、失業中の人や就職又は転職を希望する人に向けた職業紹介、職業相談サービスです。

厚生労働省が運営しているので、利用者と人材募集したい企業ともに無料で活用することができます。

利用者は自分のペースで進められますし、職員から応募書類対策や面接対策のサポートを受けることもできます。

このページでは、ハローワークの仕組み上手に活用するポイントなど6つの内容をわかりやすく解説しています!

ハローワークとはの結論内容の説明

ハローワーク(職業紹介・職業相談サービス)の仕組み

ハローワークの仕組みを解説
ハローワーク【詳細表】
運営厚生労働省が運営している
転職活動求人検索や相談に乗ってもらえる
利用料金利用料金(0円)で利用できる
年齢制限誰でも利用できる
利用特権紹介状を発行してもらえる
登録方法近くのハローワークに行く
活動方法近くの拠点へ出向くor自宅から
非公開求人取り扱っていない
求人応募職員が企業に伝えてもらえる
書類作成書類作成のアドバイスをもらえる
面接対策面接対策のアドバイスをもらえる
面接日日時調整を企業と直接おこなう
入社日日時調整を企業と直接おこなう
条件交渉
自分で企業と条件交渉をおこなう
入社後相談に乗ってもらえる
利用終了何時でも利用を辞めるられる

ハローワークは、全国に544ヶ所『公共職業安定所(ハローワーク)の主な取組と実績 』設置してあります。

web上のハローワークインターネットから求人を探すことができますし、自宅から近くのハローワークに行き自分で求人検索専用PCから探す又は職員に職業相談することもできます。

応募する企業が決まれば、職員が企業に応募者がいることを伝えてもらい紹介状を発行してくれます。

ハローワークを利用して企業に応募するさい、自宅からでも求人を探すことができますが直接応募することができないので、必ず職員を通して紹介状が必要になります!

利用料金が一切かからない理由は、 国が求職者に対し安定した雇用機会を確保することを目的としているので無償で提供しています。

ハローワークを利用する5つのメリット

ハローワークを利用する5つのメリットの説明

自宅にいながらハローワークの取り扱い求人が見れる

現在ではハローワーク内で掲載されている求人を自宅にいながら見ることができます。

ハローワークインターネットサービスを活用することにより、すきま時間にゆっくり比較しながら自分に合う求人を探せます!

ハローワークインターネットサービスの説明47都道府県のハローワーク掲載求人件数

北海道 『46,500件』以上掲載
青森県 『12,700件』以上掲載
岩手県 『12,400件』以上掲載
宮城県 『18,400件』以上掲載
秋田県 『11,800件』以上掲載
山形県 『12,300件』以上掲載
福島県 『16,500件』以上掲載
茨城県 『21,700件』以上掲載
栃木県 『17,100件』以上掲載
群馬県 『16,300件』以上掲載
埼玉県 『37,500件』以上掲載
千葉県 『31,600件』以上掲載
東京都 『82,700件』以上掲載
神奈川県『43,300件』以上掲載
新潟県 『23,700件』以上掲載
富山県 『11,400件』以上掲載
石川県 『11,000件』以上掲載
福井県 『9,400件』  以上掲載
山梨県 『8,300件』  以上掲載
長野県 『22,200件』以上掲載
岐阜県 『19,500件』以上掲載
静岡県 『30,400件』以上掲載
愛知県 『51,500件』以上掲載
三重県 『15,300件』以上掲載
滋賀県 『11,700件』以上掲載
京都府 『22,500件』以上掲載
大阪府 『61,400件』以上掲載
兵庫県 『38,700件』以上掲載
奈良県 『10,100件』以上掲載
和歌山県『8,600件』  以上掲載
鳥取県 『7,200件』  以上掲載
島根県 『10,000件』以上掲載
岡山県 『20,600件』以上掲載
広島県 『26,400件』以上掲載
山口県 『15,600件』以上掲載
徳島県 『7,500件』  以上掲載
香川県 『10,600件』以上掲載
愛媛県 『14,000件』以上掲載
高知県 『7,000件』  以上掲載
福岡県 『42,100件』以上掲載
佐賀県 『9,300件』  以上掲載
長崎県 『13,000件』以上掲載
熊本県 『17,600件』以上掲載
大分県 『12,400件』以上掲載
宮崎県 『12,600件』以上掲載
鹿児島県『20,800件』以上掲載
沖縄県 『11,100件』以上掲載

引用元:ハローワーク掲載求人『2022年7月』

自宅でハローワーク求人が見れるメリット

ハローワークインターネットを利用できる

すきま時間にゆっくり自分に合う求人を探せる

住んでいる地域の企業求人が非常に多い

ハローワークは全国に設置されていることもあり、都道府県ごとに住んでいる地域の求人を多く取り扱ってるので、自宅から近い企業を簡単に探せます。

もちろん全国各地の求人も見ることができますし、令和2年で取り扱った求人数は全部で79万件以上と非常に多いです。

住んでいる地域の求人が多いメリット

地元の求人を非常に多く取り扱っている

自宅から近い企業を簡単に探せる

応募書類や面接のアドバイスを受けられる

ハローワークでは自分一人の力で進めることもできますし自己分析の仕方が分からない、応募書類の書き方がよく分からない、面接対策の仕方が分からない人でも職員からアドバイスを受けることができます。

また定期的に応募書類の書き方、面接対策、ビジネスマナー、コミュニケーションの取り方などのセミナーを開催しているので、予約をすれば受講できます!

応募書類対策・面接対策のメリット

職員から応募書類の書き方を教えてもらえる

職員から本番同様の面接練習をしてもらえる

定期的に様々なセミナーを開催している

障がい者専用の窓口を設けている

身体障がい、精神障がい、発達障がい、知的障がいを患っている人障碍者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳持ちの人or申請中の人。

また、難病を患っていて医師の診断書を発行してもらえる人に対し障がい者専用の窓口を設けているので、何時でも利用することができます。

障害について専門的な知識をもつ職員から支援してもらえますし、障害者雇用の求人を紹介してもらえます!

障がい者専用窓口を利用するメリット

障がい者専用の職員から支援を受けられる

障害者雇用求人を紹介してもらえる

働くを目標としたハロートレーニングを斡旋している

ハロートレーニングを受講するまでの手順の説明ハローワークでは、失業者や求職者を対象に働くを目標としたハロートレーニング(介護サービス科OA事務科医療事務科電気設備技術科生産設備メンテナンス科工場管理技術科組込みソフトウェア科スマート情報システム科ICTエンジニア科)を斡旋しています。

トレーニングに使うテキスト代は自己負担になりますが、キャリアアップや希望する就職を実現するために必要な職業スキルや知識を習得することができます。

ハロートレーニングのメリット

失業者や求職者はハロートレーニングを受けられる

希望する職業スキルや知識を取得できる

ハローワークを利用する5つのデメリット

ハローワークを利用する5つのデメリットの説明

平日8時15分から17時15分までしか利用できない

職業相談の時間を延長 (18時までor19時まで)している所や土曜日も営業している所もあります。

基本的に月曜日~金曜日の8151715分までしか利用できないハローワークが多いので、在籍している人にとっては利用しずらいです。

平日しか営業していないデメリット

在籍している人にとっては利用しずらい

職員によって対応が全然違う

職業相談するさい職員によって対応が全然違います。

毎回担当が決まっているわけではないので、 利用者の気持ちを考えた上で意見を言ってくれる職員にあたるときもあれば、上から目線で意見を言ってきたり態度が悪い職員にあたることもあります。

職員の対応が違うデメリット

照合相談を真剣に対応してくれる職員がいる

上から目線の職員や態度が悪い職員がいる

求人票の掲載内容と実際の労働条件が違うケースもある

求人票に書かれている内容と内定をもらい企業から言い渡された労働条件が違うケースもあり、実際に平成30年度の申出等の件数は(6,811件)と起きています!

その中でも特に多い内容は賃金に関すること、就業時間に関すること、仕事の内容に関することです。

掲載内容と労働条件が違うデメリット

実際ハローワークに条件が違うと申出が多くきている

主に資金や就業時間や仕事内容の違いが多い

求人票に企業情報がほとんど記載されていない

ハローワークの求人票は他の転職サービス(転職エージェント・転職求人サイト)に比べて企業情報が無いに等しいです。

ハローワークの求人情報は仕事内容、給与、労働時間、福利厚生、簡単な企業情報だけですが、他の転職サービスでは求人情報と画像を交えた企業情報又は企業の内部情報を知ることができます!

求人票に企業情報がないデメリット

簡単な企業情報しか載せていない

他の転職サービスは画像付きで企業情報を知れる

長い期間掲載を依頼している企業もある

応募する人がいなく長い期間掲載を依頼している企業(掲載期限が過ぎて再掲載依頼)も中にはあります。

長期掲載の理由として主に一日の拘束時間が長い、働く環境が悪い、人間関係で悩まされるがあげられます!

長期掲載されているデメリット

人の出入りが激しい企業が当てはまる

ハローワークで転職活動する流れ

ハローワークを利用しながら転職活動する流れの特徴

❶ ハローワークに行き求職申込み手続きをおこなう

自宅から近くのハローワークに行き、受付で求職申込み手続きをおこないます。

求職申込書で当てはまる項目には記入漏れがないよう書いていきます。

登録で入力する主な項目内容

氏名 (フリガナ・漢字)
性別
年齢
生年月日
性別
家族
現住所
電話番号
希望雇用形態
希望する仕事
希望する条件
学歴
公共職業訓練受講歴
免許・資格
最終の職業
経験した仕事内容(最近のものから3つ記入)

求職申込書を記入し受付に渡せば、数十分後にハリーワークカードを発行してもらえます。

ハローワークカードは求職申込書で記入した内容を職員がバーコードで読み取れる使用になっているので、情報を共用していくことになり求人検索、仕事相談、応募するさい必ず必要になります!

求職申込書に記入するさい履歴書(志望動機は書かなくて良い)を書いて持参することにより、スムーズにおこなえるので時間短縮できるのでおすすめです。

障害を患っている方は一緒に(身体・精神・療育)障害者手帳又は手帳をお持ちでない方は医者から書いてもらった診断書を持参することにより、障害者専用窓口を利用することができます!

持参する物まとめ

自前に履歴書書いて持参する
(身体・精神・療育)障害者手帳を持参する
医師からの診断書を持参する(手帳なし)

❷ 求人検索専用のパソコンを利用する又は職員に職業相談をする

パソコンで求人検索したい場合は受付に言えば番号札が渡されるので、数字と同じパソコンを1回30分以内利用することができますし、求人票を最大5枚印刷でき持ち帰れます。

ハローワークカードを相談専用窓口に提出し番号札をもらい、呼ばれた相談席で職員に仕事の相談をしてもらえます。

求人検索・職業相談まとめ

求人検索専用パソコンで仕事を探す
職業相談に乗ってもらう

❸ 職員に企業へ応募することを伝えてもらい応募書類の対策を受ける

応募する企業が決まったら職員に応募する求人票を見せて企業に応募者がいると伝えてもらい、紹介状を発行してもらいます。

企業へ送る応募書類(履歴書・職務経歴書)の書き方などアドバイスを受けることもできます。

またハローワークでは応募書類対策セミナーを定期的に開催しているので、定員人数に達す前に予約することで受けられます!

求人応募・応募書類対策まとめ

企紹介状と応募書類を企業に送る
応募書類対策のアドバイスを受けられる
応募書類対策のセミナーを受講できる

❹ 応募書類と紹介状を企業に送り面接の日程調整を企業と直接をおこなう

ハローワークから受け取った紹介状と履歴書(職務経歴書が必要な企業には送る)を応募する企業へ送ります。

企業の採用担当者から書類選考を通過したと連絡がきたら、面接日を何時にするか自分で決めます。

求人応募・応募書類対策まとめ

企業に応募することを伝えてもらえる
書類選考に通過後企業と面接日を決める

❺ 本番に備え面接対策をおこなう

面接の日程が決まったら本番に備え面接対策しておくのが良いです。

職員から面接対策(本番を想定した面接練習・基本的なマナー)のアドバイスを受けられます。

またハローワークでは面接対策セミナーを定期的に開催しているので、定員人数に達す前に予約することで受けられます!

求人応募・応募書類対策まとめ

面接対策のアドバイスを受けられる
面接対策セミナーを受講できる

❻ 企業から指定された場所で面接を受ける

企業から指定された場所で面接を受け、採否の連絡を待ちます。

面接まとめ

面接後は企業から採否の連絡を待つ

❼ 内定をもらえたら企業の採用担当者と入社日を決める

企業から雇用通知書が届いた後に、採用担当者と入社日を決め在籍している職場で退職に向けて進めていきます。

入社日調整まとめ

企業の雇用担当者と入社日を決める

❽ 在籍中の職場を退職し入社に向けて準備する

在籍している人は円満退職に向けて進めていきます。

web上で円満退職の記事や退職関連の本を読んで退職対策することができます。

非常に押しに弱い人やもしも転職するなと言われて引き止められたらどうしようと考え、中々退職することを言い出せない人は、最終手段として退職代行サービス(代行業者が代わりに退職意義を伝えてくれる)があります!

最後に入社に向けて準備し万全で入社日を迎え働き始めます。

職場退職・入社準備内容

円満退職の記事や退職関連の本で対策する
退職代行サービスがある
入社に向けて準備し万全で働き始める

❾ ハローワークの利用を辞める

内定が決まれば自然とハローワークの利用を終わりますし、ハローワークカードの有効期限が最後に利用した日から2で切れてしまいます。

ですが期限が切れたハローワークカードを持っていき、もう一度利用したいことを受付に言えば更新してもらえるので、なくさないように保存しておくのが良いです!

それにハローワークでは勤めている会社の雇用保険に加入している人で仕事を辞めた場合、失業手当の手続きをおこうときに利用します。

ハローワークの利用を辞める内容

ハローワークカードの有効期限は2年間
有効期限が切れても更新してもらえる
失業保険の手続きで利用することになる

ハローワークで転職活動する流れのまとめ

ハローワークを登録して転職活動する流れを説明してきましたが、 紹介状を発行してもらう必要があるためハローワークかなければなりません。

応募書類の書き方や面接対策を自分でできる人は企業と連絡を取りながら進められますし、各対策が苦手な人は職員のサポートを受けられます。

職業相談にのってもらえる

求人検索から自分意合う企業を探す

応募者がいることを伝えてもらえる

紹介状を発行してもらえる

応募書類のアドバイスを受けられる

応募書類と紹介状を企業に送る

面接日を企業の採用担当者決める

本番を想定した面接練習を受けられる

指定された場所で面接を受ける

入社日を企業の採用担当者と決める

職場を円満退職する対策をおこなう

入社に向けて準備する

ハローワークを上手に活用する5つのポイント

ハローワークを上手に活用する5つのポイントの解説

自己分析をおこない転職の軸を明確にする

ハローワークで求人を探す前に、自己分析(これまで経験してきたこと・自分の性格・自分の強みなこと・自分が好きなこと・今後とういった人生を歩みたいか)することをお勧めします。

多くの求人を取り扱っていてなおかつ適職診断ツールも活用できる大手の総合方転職サイトで転職活動するのがおすすめです。

自分で転職の軸を明確にする場合、will・can・mustのフレームワーク『will(自分のやりたい仕事)・can(自分ができること)・must(会社が望んでいるもの)』を使い、メモを取りながら自己分析すると良いです!

自分のやりたい仕事が分からず悩んでいる人は、逆にやりたくない仕事や仕事内容を考えて選択肢を減らすことと自信をもってできる仕事、経験して取得したスキル、自分の強み、希望する条件を洗い出してからキャリアアドバイザーに転職相談すると良いです。

自己分析する方法内容

will・can・mustを活用する
適職診断ツールを活用する

自己分析する例文内容

人と話すことが好きで相談にのるのが得意。

転職するか悩んでいる人の相談を受けたり、転職希望者がキャリアアップの転職ができ喜びを分かち合えるキャリアアドバイザーの仕事がしたい。

実績を積みながら翌々は国家資格を取り大手人材会社にキャリアアップしたい。

他の転職サービスも利用する

ハローワークだけで転職活動するより他の転職サービスも(転職エージェント・転職求人サイト)も併用することにより内定率を上げられます。

最初は転職エージェントを利用し、キャリアアドバイザーからサポート(応募書類対策・面接対策)を受けて、対策方法を身に着け転職サイトに活かすことができます。

もしステップアップのためにまた転職活動するってなった場合は、身に着けた対策方法でスムーズに進めることができます。

ハローワークとまではいかないですが、転職エージェントや転職サイトでも働きたい地域の求人を取り扱っています。

転職エージェントと併用内容

併用することにより内定率を上げられる
応募書類や面接の対策を受け身につける

自分で企業研究して情報を得る

自分で企業研究してメモを取りながら情報を得ることで、転職の失敗を防げます。

企業研究は主に、企業のホームページや業界地図の本・就職四季報の本でおこなえます!

めんどくさいと思われるかもですが企業に勤めている人のコメントを知れる、他社との違いを比較できる、企業とのミスマッチを防げる、応募する企業を絞れる、志望動機の作成がしやすくなる、面接で自己アピールできるなどメリットが多いです。

業界研究・企業研究の仕方内容

企業のホームページ
業界地図の本
就職四季報の本(総合版 優良企業版 女子版)

自分から積極的に求人を探す

職業相談するさい、基本希望条件がはっきり決まっていなければ職員から求人情報を紹介することはないので、あやふやな気持ちのまま相談しても話が進まず意味がないです。

自分から積極的に行動(ハローワークインターネットで求人を探す・ハローワーク内のパソコンで求人を探す) を起こし、気になった求人を職員に相談することにより企業情報を提供してもらえ、最終的に応募するか自分で決めます。

自分から積極的に求人を探す内容

ハローワークインターネットで求人を探す
ハローワーク内のパソコンで求人を探す
気になった求人を職員に見せ相談する

求人票に掲載している内容で合ってるか確認してもらう

ハローワークで掲載している求人票の中には、入社後の条件とは違う内容が書かれているケースもあります。

気になる求人や応募してみたい求人がある場合は、職員が電話で企業に求人票の条件で合っているか聞いてくれますので、後から後悔しないためにも確認してもらうと良いです!

企業に条件内容を確認してもらう内容

職員が電話で企業に条件内容を確認してくれる

ハローワークを利用するのが向いている人の特徴

ハローワークを利用するのが向いている人の特徴を解説

自分のペースで転職活動したい人

企業に応募するさいハローワークに行く必要がありますが、職員から応募書類の対策や面接対策のサポートを受けるかは本人次第なので、自分のペースで転職活動したい人におすすめです。

とにかく地元の企業で働きたい

ハローワークは全国に人材を雇用したい企業も無料で活用できるので、他の転職サービス(転職エージェント・転職サイト)に比べて非常に地方の企業を多く取り扱っています。

求人数も多いので、とにかく自宅からなるべく近い企業で働きたいと思っている人におすすめです。

仕事経験が浅く身につけたスキルがない

ハローワークには学歴不問、未経験歓迎、資格不問といった求人も多く取り扱っていますので、仕事経験が浅く身につけたスキルが無いとお悩みの人におすすめです。

応募書類の作成や面接が苦手な人

ハローワークでも転職エージェントとお同じように応募書類対策や面接対策のサポートを受けられますので、応募書類の作成が苦手な人や面接が苦手で自信が持てない人におすすめです。

休業している期間が長い

仕事を辞めてから休業している期間が長い人(6ヶ月以上)でも、ハローワークで仕事を探せば他の転職サービスに比べて内定をもらえる率が高上がるのでおすすめです。

何度も転職を繰り返している

何度も転職を繰り返している人(5回以上)も同じくハローワークで転職活動すれば内定をもらえる率が上がるのでおすすめです。

ハローワーク『まとめ』

ハローワーク【詳細表】
運営厚生労働省が運営している
転職活動求人検索や相談に乗ってもらえる
利用料金利用料金(0円)で利用できる
年齢制限誰でも利用できる
利用特権紹介状を発行してもらえる
登録方法近くのハローワークに行く
活動方法近くの拠点へ出向くor自宅から
非公開求人取り扱っていない
求人応募職員が企業に伝えてもらえる
書類作成書類作成のアドバイスをもらえる
面接対策面接対策のアドバイスをもらえる
面接日日時調整を企業と直接おこなう
入社日日時調整を企業と直接おこなう
条件交渉
自分で企業と条件交渉をおこなう
入社後相談に乗ってもらえる
利用終了何時でも利用を辞めるられる
サービス名ハローワーク転職エージェント転職求人サイト就労移行支援
比較項目
職業紹介


転職支援

求人情報

就職支援
利用料金無料で利用できる無料で利用できる無料で利用できる前年度の世帯収入によって違う
現職利用働きながらでも利用することができる働きながらでも利用することができる働きながらでも利用することができる働いている人は利用することができない
利用期間無し無し無し延長を含め3年間は利用できる
職業訓練ハロートレーニングを受けられる職業訓練を受けられない職業訓練を受けられない就職するのに必要な訓練を受けられる
職業相談短時間相談に乗ってもらえ相談に乗ってもらえる相談に乗ってもらえない相談に乗ってもらえる
求人数非常に多く取り扱っている非公開求人を多く取り扱っている多く取り扱っている関係ない
求人の質住んでいる地域の求人を多く取り扱っている大手企業や優良企業の求人を多く取り扱っている様々な求人を取り扱っている関係ない
企業情報自分で検索などして情報を得る企業情報を教えてもらえる企業情報が掲載してある自分で検索などして情報を得る
直接応募企業に直接応募することができない企業に直接応募することができない企業に直接応募することができる関係ない
書類対策書類対策のサポートを受けられる書類対策のサポートを受けられるサイト内の記事を読んで対策する書類対策のサポートを受けられる
面接対策面接対策のサポートを受けられる面接対策のサポートを受けられるサイト内の記事を読んで対策する面接対策のサポートを受けられる
日時調整自分で企業とおこなう必要があるスケジュール調整を代わりにおこなってもらえる自分で企業とおこなう必要がある自分で企業とおこなう必要がある
条件交渉自分で企業とおこなう必要がある条件交渉を代わりに企業とおこなってもらえる自分で企業とおこなう必要がある自分で企業とおこなう必要がある
退職対策自分で対策する必要がある職場を退職するさいのサポートを受けられる自分で対策する必要がある関係ない
定着支援定着支援のサポートを受けられないアフターフォローを受けられる定着支援のサポートを受けられない定着支援のサポートを受けられる

関連記事