転職求人サイトとはどんなところ?|サービスの仕組みや活用方法などをわかりやすく解説!

以下の『悩み・疑問』を記事内で解決

 転職求人サイトの利用で受けられるサービスは何?

転職求人サイトを利用するさい料金は発生するの?

転職求人サイトで転職活動していく流れが知りたい!

 転職求人サイトを上手く活用するコツが知りたい

転職求人サイトは、人材募集をかけたい企業に対して求人の掲載を提供している求人情報サービスです!

転職求人サイトは企業側から掲載料金を貰うことでなりたっているので、利用者は料金が一切かからず自宅にいながら自分のペースで、求人を探したり何社でも直接サイト内から応募することができます。

このページでは、転職求人サイトの仕組み上手に活用するポイントなど6つの内容をわかりやすく解説しています!

転職求人サイトとはの結論内容の説明

転職求人サイト(求人情報サービス)の仕組み

転職求人サイトの仕組みを解説
転職求人サイト【詳細表】
転職活動担当者と二人三脚で進めていく
利用料金利用料金(0円)で利用できる
報酬料金企業側が掲載料を払う
年齢制限誰でも利用できる
登録方法公式サイト内で登録をおこなう
活動方法自宅からweb上でおこなう
非公開求人取り扱っていない
求人応募求人検索から企業に直接応募する
書類作成書類作成の対策を自分でおこなう
面接対策面接対策を自分でおこなう
面接日日時調整を企業と直接おこなう
入社日日時調整を企業と直接おこなう
条件交渉
自分で企業と条件交渉をおこなう
入社後入社後フォローしてもらえない
退会利用を辞めるさい退会できる

自分で転職サイト内に掲載されている求人の中から探し、企業に直接応募でき書類選考を通過したら企業の採用担当者と連絡を取りながら転職活動をおこなっていくことになります。

利用料金が一切かからない理由は、掲載課金型のサービスなので企業がサイト内に求人を掲載してもらう代わりに掲載料金(転職サイトによって異なりますが万~〇〇万】を支払うことで成り立っています。

なので、(転職活動をいったんストップ・違う転職サイトを利用)するために途中で辞めたとしても、違約金など発生しないので安心して利用できます!

転職求人サイトを利用する5つのメリット

転職求人サイトを利用する5つのメリットを説明

自宅にいながら自分のペースで転職活動できる

転職サイト内で、求人を検索したり面接を受けてみたい企業が見つかれば何社でも直接応募(24時間応募可能)することもできるので、自宅にいながら自分でペースで転職活動をおこなうことができます。

また求人詳細の(応募方法又は選考の流れ)で企業ごとに内定までに行われる選考項目を先に知ることができます。

自分のペースで転職活動できるメリット

自宅にいながら求人を探すことができる

サイト内でいつでも直接応募することができる

求人詳細から内定までの流れが知れる

サイト内の転職ノウハウ記事を読んで学べる

転職サイトには求人を探す他に、転職するさい役立つ様々なノウハウ記事(転職の準備・自己分析の仕方・履歴書や職務経歴書の書き方・面接質問集・面接のマナー・内定後の流れ・転職活動Q&A)などが読めるので、学ぶことができます。

転職ノウハウ記事メリット

転職活動するにあたってノウハウ記事で学べる

履歴書や職務経歴書の書き方を参考にできる

面接質問集や面接のマナーを参考にできる

スカウトメールサービスを活用できる

利用する転職サイトにもよりますが、サイト内でキャリアシート(職務経歴書をまとめた書類)を作成しマッチする企業があればスカウトメール(転職サイトが企業の代わり送る・ 企業の担当者が送る)が届きます。

大手の転職サイトで言うとリクナビNEXT、マイナビ転職、ビズリーチ・エン転職、dodaがあたります!

スカウトサービスを利用することで、これまでの職歴からどの様な企業のスカウトメールが届くのかを知ることができます。

スカウトサービスメリット

マッチする企業があればスカウトメールが届く

どの様な企業のスカウトメールが届くのか知れる

転職フェア(合同企業説明会)に参加できる

転職サイトでは一度に多くの人材募集したい企業が集まる転職フェア(合同企業説明会)に参加することができます。

企業はブースごとに分かれており参加することで、多くの企業情報が知れる、企業の雇用担当者と直接話せる、転職活動に活かせるなど得られるメリットが多いです!

サイト内で転職フェアに参加する企業が自前に知れますので、話を聞いてみたいや応募してみたい企業が複数ある場合には、履歴書と職務経歴書を同じ枚数準備すると良いです。

転職フェアメリット

合同企業説明会に参加することができる

企業の雇用担当者と直接話せる

転職活動に活かせられる

自己分析に役立つ適職診断ツールを活用できる

こちらも利用する転職サイトによりますが、適職診断ツール(自己分析できる)を活用することができます。

大手の転職サイトで言うとリクナビNEXT、マイナビ転職、キャリアインデックス、dodaがあたります!

適職診断ツールによって質問内容が異なりますが、数十問の簡単な質問に答えていくだけで自分の強みや弱みや自分に合った職業が知れるので、仕事選びの参考にできます。

適職診断ツールメリット

適職診断ツールで自己分析できる

自分に合った職業が知れる

転職求人サイトを利用する4つのデメリット

転職求人サイトを利用する4つのデメリットを解説

非公開の求人に出会えない

残念ながら転職サイトでは、一般には公開していない非公開求人(大手企業・優良企業)に出会うことができません。

企業が非公開にする理由として応募の殺到を避けたい、早急に効率よく即戦力の人材を確保したい、自社のプロジェクトを他社に知られたくないなどがあげられますので、転職エージェントだけが取り扱ってます!

非公の開求人に出会えないデメリット

大手企業や優良企業の求人を探すのが大変

企業研究するさい詳しい情報を得られない

転職サイト内の求人詳細に掲載してある企業情報を知ることはできますが、企業の内部情報 (採用したい人材像・配属になる職場環境)までは知ることができません。

転職エージェントを利用することでキャリアアドバイザーから企業の内部情報を教えてもらうことができます。

企業の内部情報を得られないデメリット

企業の内部情報を得られない

様々な対策を自分でおこなう必要ががある

転職サイトは自分のペースで転職活動をおこなえるので、内定率を上げるためにも様々な対策(履歴書や職務経歴書の対策・面接対策・職場退職の対策)をおこなう必要があります。

転職エージェントを利用することでキャリアアドバイザーから対策のサポートしてもらえます。

様々な対策を自分でおこなうデメリット

内定率を上げるために自分で対策する必要がある

応募書類の対策をおこなう

面接対策をおこなう

職場を円満に退職する対策をおこなう

スケジュール調整を自分でおこなう必要がある

求人を探してサイト内から直接企業に応募するので、書類選考が通れば自分で企業の雇用担当者と面接日や入社日のスケジュール調整をおこなう必要があります。

働きながら複数の企業に応募する場合は、仕事に影響がでないようスケジュール調整をおこなうと思うので大変になります。

転職エージェントを利用することで、キャリアアドバイザーが代わりにスケジュール調整をおこなってくれます

スケジュール調整をおこなうデメリット

面接日を企業担当者と話して決める

入社日を企業担当者と話して決める

転職求人サイトで転職活動する流れ

転職求人サイトを利用しながら転職活動する流れを解説

① 転職サイト内で登録する

始めに利用する転職サイトへ行き登録をおこないます。

転職サイトによって項目内容が異なりますが、必須の項目は入力漏れがないように登録していきます!

登録で入力する主な項目内容

お名前 (フリガナ)
性別
生年月日
お住い都道府県
ご住所
電話番号
メールアドレス
パスワード設定

② サイト内の求人検索で企業を探す

転職サイトでは非公開求人を取り扱っていないので、自分が良いと思った企業に何社でも直接応募することができます。

サイト内の求人検索で自分に合った企業求人を探していきます。

主な希望条件項目内容

勤務地
職種
雇用形態
年収
こだわり条件

③ 自分で応募種類の対策をおこない履歴書と職務経歴書を作成する

応募する企業を決めたら履歴書と職務経歴書を作成していきます。

作成にあたって、サイト内の転職ノウハウ記事(履歴書の書き方職務経歴書の書き方自己PRの書き方志望動機の書き方)を読んで対策することができます。

又はwebで履歴書の書き方や職務経歴書の書き方など検索して調べたり、面接関連の本で対策する方法もあります。

転職サイトによってはスカウトサービスがあり、サイト内でキャリアシート(職務経歴書をまとめた書類)を作成しマッチする企業があればスカウトメール(転職サイトが企業の代わり送る・ 企業の担当者が送る)届きます。

応募書類対策・書類作成内容

転職ノウハウを読んで書類対策する
webで検索したり本を読んで書類対策する
スカウトサービスを利用する

④ 企業へ応募し書類選考を通過したら企業の採用担当者と面接日を決める

応募書類を作成したらサイト内の求人検索から企業へ応募します。

応募するさい求人詳細から選考の流れも確認しておけば、内定までおこなわれる項目が知れます!

企業から書類選考通過の連絡が来たら、採用担当者と面接日を決めます。

求人応募・面接日調整内容

求人詳細でから選考の流れを確認する
企業の採用担当者と面接日を決める

⑤ 本番に備え面接対策をおこなう

面接の日程が決まったら本番に備え面接対策しておくのが良いです。

サイト内の転職ノウハウ記事(面接を受ける基本マナー面接でよく聞かれる質問内容)などを読んで対策することができます。

又はwebで面接対策など検索して調べたり、面接関連の本で対策する方法もあります。

求人応募・面接日程調整内容

転職ノウハウを読んで面接対策する
webで検索したり本を読んで面接対策する

⑥ 企業から指定された場所で面接を受ける

企業から指定された場所で面接を受け、採否の連絡を待ちます。

面接まとめ

面接後は企業から採否の連絡を待つ

⑦ 内定をもらえたら企業の採用担当者と入社日を決める

企業から内定の連絡が来たら、採用担当者と入社日を決め在籍している職場で退職に向けて進めていきます。

入社日調整まとめ

企業の雇用担当者と入社日を決める

⑧ 在籍中の職場を退職し入社に向けて準備する

在籍している人は円満退職に向けて進めていきます。

サイト内の転職ノウハウ記事(内定後の流れ円満に退職する準備退職願いの書き方引き継ぎの仕方)などを読んで対策することができます。

非常に押しに弱い人やもしも転職するなと言われて引き止められたらどうしようと考え、中々退職することを言い出せない人は、最終手段として退職代行サービス(代行業者が代わりに退職意義を伝えてくれる)があります!

最後に入社に向けて準備し万全で入社日を迎え働き始めます。

職場退職・入社準備内容

転職ノウハウを読んで退職に向け対策する
退職代行サービスがある
入社に向けて準備し万全で働き始める

⑨ 転職サイトの利用を辞めるために退会する

転職サイトはいつでも退会することができますが、利用を辞めるさいの注意点として企業に応募した後や面接を受ける前や内定の合否が出る前に退会を申し出ると企業側に大変迷惑がかかります。

転職できたから辞める人や転職活動するのを辞める人や違うサイトを利用するから辞める人は、公式サイト内のお問い合わせから退会することができます。

もう一度同じ転職サイトを使いたい場合は、同じ手順をおこなう必要があります!

転職サイト退会方法まとめ

サイト内のお問い合わせから伝える

転職サイトで転職活動する流れのまとめ

転職サイトを登録して転職活動する流れを説明してきましたが、企業に入社するまで自分一人の力でおこなう必要があるので、内定率を上げるために転職ノウハウ記事を読むなどして進められます。

求人検索から自分に合う企業を探す

応募書類の対策をおこなう

求人検索内から企業に直接応募する

面接日を企業の採用担当者決める

面接に向けて対策をおこなう

指定された場所で面接を受ける

入社日を企業の採用担当者と決める

職場を円満退職する対策をおこなう

入社に向けて準備する

転職求人サイトを上手に活用する3つのポイント

転職求人サイトを上手に活用する3つのポイントの説明

自己分析をおこない転職の軸を明確にする

転職サイトで求人を探す前に、自己分析(これまで経験してきたこと・自分の性格・自分の強みなこと・自分が好きなこと・今後とういった人生を歩みたいか)することをお勧めします。

多くの求人を取り扱っていてなおかつ適職診断ツールも活用できる大手の総合方転職サイトで転職活動するのがおすすめです。

自分で転職の軸を明確にする場合、will・can・mustのフレームワーク『will(自分のやりたい仕事)・can(自分ができること)・must(会社が望んでいるもの)』を使い、メモを取りながら自己分析すると良いです!

自分のやりたい仕事が分からず悩んでいる人は、逆にやりたくない仕事や仕事内容を考えて選択肢を減らすことと、自信をもってできる仕事、経験して取得したスキル、自分の強み、希望する条件を洗い出してからキャリアアドバイザーに転職相談すると良いです。

自己分析する方法内容

will・can・mustを活用する
適職診断ツールを活用する

自己分析する例文内容

人と話すことが好きで相談にのるのが得意。

転職するか悩んでいる人の相談を受けたり、転職希望者がキャリアアップの転職ができ喜びを分かち合えるキャリアアドバイザーの仕事がしたい。

実績を積みながら翌々は国家資格を取り大手人材会社にキャリアアップしたい。

転職エージェントも併用する

転職サイトだけで転職活動するより転職エージェントも併用することにより内定率を上げられます。

最初は転職エージェントを利用し、キャリアアドバイザーからサポート(応募書類対策・面接対策)を受けて、対策方法を身に着け転職サイトに活かすことができます。

もしステップアップのためにまた転職活動するってなった場合は、身に着けた対策方法でスムーズに進めることができます。

転職エージェントと併用内容

併用することにより内定率を上げられる
応募書類や面接の対策を受け身につける

自分で企業研究して情報を得る

自分で企業研究してメモを取りながら情報を得ることで、転職の失敗を防げます。

企業研究は主に、転職サイト内の求人情報や企業のホームページや業界地図の本・就職四季報の本でおこなえます!

めんどくさいと思われるかもですが企業に勤めている人のコメントを知れる、他社との違いを比較できる、企業とのミスマッチを防げる、応募する企業を絞れる、志望動機の作成がしやすくなる、面接で自己アピールできるなどメリットが多いです。

業界研究・企業研究の仕方内容

転職サイト内の求人情報
企業のホームページ
業界地図の本
就職四季報の本(総合版 優良企業版 女子版)

転職求人サイトを利用するのが向いている人の特徴

転職求人サイトを利用するのが向いている人の特徴を解説

自分のペースで転職活動を進めたい人

転職サイト(求人情報)は自分で検索して企業へ直接応募しなければならないので、サポートを受けながら転職活動するのが苦手な人や自分のペースで転職活動したい人におすすめです。

以前に転職エージェントを利用したことがあり、キャリアアドバイザーから書類対策、面接対策、職場退職のアドバイスなどサポートを受けたので、一人でも転職活動できる人も転職サイトが向いています。

多くの求人を比較しながら応募したい人

転職エージェントは面談内容をもとに紹介された企業にのみ応募できるに対して、転職サイトでは掲載してある企業へ何社でも応募することができるので、じっくり比較しながら応募した人におすすめです。

転職エージェントで紹介求人が無かった人

複数の転職エージェントを利用したけど、どこも自分の希望条件とマッチする企業が無く求人を紹介してもらえなかったけどそれでも転職したい人は、転職サイトに切り替えるのが良いです。

転職エージェントで人材募集している企業は一人採用するごとに高額の紹介料を支払うため、自分の市場価値に対し希望条件が高すぎるとミスマッチになるので、求人を紹介してもらえません。

転職求人サイト『まとめ』

転職求人サイト【詳細表】
転職活動担当者と二人三脚で進めていく
利用料金利用料金(0円)で利用できる
報酬料金企業側が掲載料を払う
年齢制限誰でも利用できる
登録方法公式サイト内で登録をおこなう
活動方法自宅からweb上でおこなう
非公開求人取り扱っていない
求人応募求人検索から企業に直接応募する
書類作成書類作成の対策を自分でおこなう
面接対策面接対策を自分でおこなう
面接日日時調整を企業と直接おこなう
入社日日時調整を企業と直接おこなう
条件交渉
自分で企業と条件交渉をおこなう
入社後入社後フォローしてもらえない
退会利用を辞めるさい退会できる
サービス名転職求人サイト転職エージェントハローワーク
比較項目
求人情報


転職支援

職業紹介
利用料金無料で利用できる無料で利用できる無料で利用できる
転職相談相談に乗ってもらえない相談に乗ってもらえる短時間相談に乗ってもらえる
求人数多く取り扱っている非公開求人を多く取り扱っている非常に多く取り扱っている
求人の質様々な求人を取り扱っている大手企業や優良企業の求人を多く取り扱っている住んでいる地域の求人を多く取り扱っている
企業情報企業情報が掲載してある企業情報を教えてもらえる自分で検索などして情報を得る
直接応募企業に直接応募することができる企業に直接応募することができない企業に直接応募することができない
書類対策サイト内の記事を読んで対策する書類対策のサポートを受けられる書類対策のサポートを受けられる
面接対策サイト内の記事を読んで対策する面接対策のサポートを受けられる面接対策のサポートを受けられる
日時調整自分で企業とおこなう必要があるスケジュール調整を代わりにおこなってもらえる自分で企業とおこなう必要がある
条件交渉自分で企業とおこなう必要がある条件交渉を代わりに企業とおこなってもらえる自分で企業とおこなう必要がある
退職対策自分で対策する必要がある職場を退職するさいのサポートを受けられる自分で対策する必要がある

関連記事