転職エージェントと転職サイトの10個の違いを簡単に解説!

以下の『悩み・疑問』を記事内で解決

 転職エージェントと転職サイトの違いを知りたい!

 利用している人が多いのはどちらかが知りたい!

転職エージェントと転職サイトでは転職までの流れに違いはある?

転職エージェントと転職サイトの一番の違いは、キャリアアドバイザーのサポートを受けながら転職活動をおこなうか、自分一人の力で転職活動をおこなうかです。

こページでは、転職エージェンントと転職サイトの違い10項目『1.転職相談・2.求人数・3.求人の質・4.企業情報・5.直接応募・6.書類対策・7.面接対策・8.スケジュール調整・9.条件交渉・10.退職対策の比較を含む3つの内容を簡単に解説しています!

転職エージェントと転職サイト10項目の違いの結論内容の説明

転職エージェントと転職サイトの10個の違いを徹底比較

サービス名転職エージェント転職サイト
比較項目
転職支援

求人情報
1⃣転職相談相談に乗ってもらえる相談に乗ってもらえない
2⃣求人数非公開求人を多く取り扱っている多く取り扱っている
3⃣人の質大手企業や優良企業の求人を多く取り扱っている様々な求人を取り扱っている
4⃣企業情報企業情報を教えてもらえる企業情報が掲載してある
5⃣直接応募企業に直接応募することができない企業に直接応募することができる
6⃣書類対策書類対策のサポートを受けられるサイト内の記事を読んで対策する
7⃣面接対策面接対策のサポートを受けられるサイト内の記事を読んで対策する
8⃣日時調整スケジュール調整を代わりに企業とおこなってもらえる自分で企業とおこなう必要がある
9⃣条件交渉条件交渉を代わりに企業とおこなってもらえる自分で企業とおこなう必要がある
🔟退職対策職場を退職するさいのサポートを受けられる自分で対策する必要がある

転職エージェント又は転職サイトを利用した人の割合の説明マイナビ転職エージェントサーチが、1年以内に転職経験のある2039歳の200人に転職活動で登録したサービスのアンケート調査をおこなったところ、転職エージェントと転職サイトの両方に登録した人が全体の29%と一番多いことが分かりました!

転職エージェントだけ登録した人は26転職サイトだけの人は24その他(ハローワーク)等を利用した人が21%とあまり大きな差が無い結果になったようです!

また、転職エージェントを利用した人の中で多くの人が使って良かったと感じた所は、(担当エージェントの対応が良かった・自分に合った求人を紹介してもらえた)の44.4%と高いことが伺えます!

転職サイトを利用した人の中で多くの人が使って良かったと感じた所は、(求人情報が多い・自分のペースで転職活動できる)とこちらも44.4%を上回る結果となっています!

1⃣ 転職相談には乗ってもらえる?

㋓ 時間をかけて相談に乗ってもらえる

㋚ 相談に乗ってもらえない

転職エージェントに登録してしまうと必ず転職活動しなければならない決まりはなく、時間をかけてキャリアカウンセリングや相談に乗ってもらえるので、面談結果を踏まえて最終的には自身で転職するかしないか判断できます。

転職サイトはあくまでも求人掲載や転職に役立つノウハウを掲載しているところなので、転職相談に乗ってもらえません。

2⃣ 取り扱っている求人の数は多い?

㋓ 非公開求人を多く取り扱っている

㋚ 多く取り扱っている

転職エージェントで人材募集している企業の多くは大金を支払ってでも将来性のある人又は即戦力の人材を採用したいので、全体の(6070%)は非公開求人になっています。

現在では大半の人がスマホ持ちでwebでの需要が非常に大きいですしどこからでも見れるので、転職サイトの取り扱っている求人数は多いです。

3⃣ 質の高い求人は取り扱っている?

㋓ 質の高い求人を多く取り扱っている

㋚ 様々な求人を取り扱っている

企業側からしてみれば、支払う料金が転職サイトよりも転職エージェントの方が圧倒的に高いです。

一人採用するごとに巨額の紹介料(〇〇万~〇〇〇万)を支払う転職エージェントに対して、何人採用しても求人掲載料(〇万~〇〇万)を支払うのが転職サイトです!

それにより転職サイトよりも(依頼する又は依頼できる)企業が限られてくるので、転職エージェントの方が質の高い求人を多く取り扱っています。

もう一つ転職エージェントには、大手企業や有名企業が自社の名前を隠して募集する一般には公開していない非公開求人を取り扱っています。

非公開求人で人材を募集する理由として、主に(応募の殺到をさけ効率的に人材確保したい・ライバルの他社にどういった人材を募集しているか知られたくない)などです!

4⃣ 企業情報を知ることはできる?

㋓ 企業の内部情報を教えてもらえる

㋚ 求人詳細から企業情報が見れる

転職エージェント側は利用者を転職へ導くために、業の採用担当者から内部情報(採用したい人材像配属になる職場環境)など聞いているので、教えてもらえます。

転職サイトで転職活動する場合、求人検索内の求人詳細から企業情報を見ることができます。

5⃣ 企業に直接応募することができる?

㋓ 求人の紹介を受けるので直接応募できない

㋚ 何社でも直接応募できる

転職エージェントは必ずキャリアアドバイザーと面談(キャリアカウンセリング)を受けなければならないので、転職エージェントサイト内で掲載されている企業に直接応募することができません。

応募したい企業がある場合は、面談時に応募したい企業があることを担当者に伝え反応を見ると良いです。

逆に転職サイトは、求人検索から何社でも直接応募することができます。

6⃣ 応募書類のサポートは受けられる?

㋓ 魅力的書類になるよう添削してもらえる

㋚ 自分でサイト内の記事などを参考にする

転職エージェントを利用した方々の(成功例・失敗例)のノウハウを身につけているので、選考通過しやすいように履歴書や職務経歴書のアドバイスや添削してもらえます。

転職エージェントだけの特権で、推薦状(利用者の優れている所を企業にアピールする文)を選考書類と一緒に企業へ送ってもらえます!

転職サイト内にある転職ノウハウの記事(履歴書の書き方職務経歴書の書き方)や履歴書の書き方の本などを参考にしながら自分でおこなう必要があります。

7⃣ 面接対策のサポートを受けられる?

㋓ 面接対策のアドバイスを受けられる

㋚ 自分でサイト内の記事などを参考にする

転職エージェントでは、以前に別の転職希望者が企業と面接したさい、どういった質問されたかを聞いていますので、アドバイスを受けられます。

本番に備えて面接対策したい希望者には模擬面接も実施しているので、利用者にとっては非常に心強いです!

転職サイト内にある転職ノウハウの記事(面接対策面接時のマナー)や面接対策の本などを参考にしながら自分でおこなう必要があります。

8⃣ スケジュール調整のサポートを受けられる?

㋓ 日時調整を代わりにおこなってくれる

㋚ 自分で企業と連絡を取りながら進める

転職エージェントでは、利用者の話を聞きながら担当者が面接日や採用された後の入社日を代行してスケジュール調整をおこなってくれます。

働きながら転職活動する人や複数の企業に応募したい人にとっては非常にありがたいですし、転職活動をしていることを職場にバレたりすることもありません!

転職サイトの場合は自分で企業に応募しなければならないので、面接日や入社日を企業の採用担当者と直接連絡(電話メール)を取りながらおこなっていきます。

9⃣ 条件交渉のサポートを受けられる?

㋓ 代行で条件交渉をおこなってくれる

㋚ 自分で企業側と条件交渉をおこなう

転職エージェントは条件交渉(年収交渉)を代行してくれるので、企業と直接交渉するのが苦手な人にとってはうれしいです。

逆に転職サイトでは、自分で企業と直接交渉をおこなわないといけないのでハードルが高いですし、下手をすると内定取り消しになるケースもあります。

🔟 退職対策のサポートは受けられる?

㋓ 職場退職のアドバイスを受けられる

㋚ 自分でサイト内の記事などを参考にする

転職エージェントは企業から内定をもらった利用者が現職を円満退職できるように、コツや手順などのアドバイスを受けられます。

転職サイト内にある転職ノウハウの記事(退職の進め方)や円満退職の本などを参考にしながら進める必要があります。

転職エージェントと転職サイト10個の違いの比較内容まとめ

10個の違いの比較内容を説明してきましたが、転職エージェントはキャリアドバイザーと二人三脚で転職活動をおこなっていきます。

それに対して対して、転職サイトは一人で転職活動をおこなっていくことになりますので、それぞれのサービスの利用がおすすめな人は以下の通りになります!

転職エージェントがおすすめな人

» 初めて転職するか悩んでいる
» キャリアの方向性が明確になっていない
» 働きながら効率よく転職活動したい
» 履歴書や職務経歴書の作成が苦手
» 面接が苦手で自信がもてない


転職サイトがおすすめな人

» 自分のペースで転職活動を進めたい
» 多くの求人を比較しながら応募したい
» 転職エージェントで紹介求人が無かった

転職エージェントの特徴と転職活動の流れ

転職エージェントは民間企業が運営する『人材紹介支援サービス』で、雇用したい企業側と転職を希望している利用者をマッチングさせる仕組みで、転職希望者は完全無料で利用することができます!

転職エージェントの運営形態は成果報酬型で、企業側が採用した人の初年度年収(約20%~35%)の紹介料を転職エージェント側に支払うことで成り立っています!

特徴として、登録した転職エージェント会社の担当キャリアアドバイザーと面談(キャリアカウンセリング)を通して、転職活動を全面サポート【求人紹介書類対策面接対策日時調整退職対策などのサポートを受けられます!

転職エージェントのメリット

» 非公開を含む求人を紹介してもらえる
» 応募書類の添削などアドバイスをもらえる
» 面接対策のアドバイスをもらえる
» 日程調整や条件交渉を代行してもらえる
» 円満退職するためのアドバイスをもらえる


転職エージェントのデメリット

» 自分のペースで転職活動しずらい
» 応募できる企業が限られる場合がある
» 希望する求人を紹介されない場合がある
» 担当者との相性やスキル次第な所がある

転職エージェントで転職活動する流れ

  • STEP01
    登録・準備
    ‣ 転職エージェントサイト内で登録する
    ‣ 履歴書を準備する
  • STEP02
    面談
    ‣ キャリアの棚卸しをおこなう
    ‣ 転職相談にのってもらえる
  • STEP03
    求人紹介
    ‣ 面談を通して求人を紹介してもらえる
    ‣ 非公開求人の紹介を受ける場合もある
    ‣ 企業の内部情報を教えてもらえる
  • STEP04
    書類作成・応募
    ‣ 応募書類のアドバイスを受けられる
    ‣ アピールする推薦状を書いてもらえる
    ‣ 企業へ応募してもらえる
  • STEP05
    面接対策
    ‣ 面接日の日程調整をおこなってもらえる
    ‣ 面接に向けてアドバイスを受けられる
    ‣ 本番を想定した模擬面接を受けられる
  • STEP06
    面接
    ‣ 面接日に同行や同席してもらえる
    ‣ 面接のフィードバックを受けられる
    ‣ 企業と給与交渉をしてもらえる
  • STEP07
    退職サポート
    ‣ 入社日の日程調整おこなってもらえる
    ‣ 職場を退職するアドバイスを受けられる
  • STEP08
    アフターフォロー
    ‣ 入社後はアフターフォローを受けられる

転職サイトの特徴と転職活動の流れ

転職サイトは民間企業が運営する『求人掲載情報サービス』で、雇用したい企業側がサイト内に求人を掲載させてもらい利用者から応募してもらう仕組みで、転職希望者は完全無料で利用することができます!

転職サイトの運営形態は求人掲載課金型で、企業側が求人を掲載させてもらう代わりに掲載料金を支払うことで成り立っています!

特徴として、自分のペースでいつでもサイト内から直接企業に応募できる他にも、転職ノウハウ記事【書類対策面接対策退職対策】等で学ぶことができます!

転職サイトのメリット

» 自宅にいながら転職活動できる
» サイト内の転職ノウハウ記事で学べる
» スカウトメールサービスを活用できる
» 転職フェア(合同企業説明会)に参加できる
» 自己分析に役立つツールを活用できる


転職サイトのデメリット

» 非公開求人に出会えない
» 企業研究するさい詳しい情報を得られない
» 様々な対策を自分でおこなう必要がある
» 日程調整を自分でおこなう必要がある

転職サイトで転職活動する流れ

  • STEP01
    登録
    ‣ 転職サイト内で登録する
  • STEP02
    求人検索
    ‣ 求人検索から自分に合う企業を探す
  • STEP03
    書類対策・作成
    ‣ 転職ノウハウ記事で書類対策し作成する
  • STEP04
    応募・面接日調整
    ‣ 求人検索内から直接応募する
    ‣ 面接日を企業の採用担当者決める
  • STEP05
    面接対策
    ‣ 転職ノウハウ記事で面接対策を行う
  • STEP06
    面接
    ‣ 指定された場所で面接を受ける
  • STEP07
    入社日調整
    ‣ 入社日を企業の採用担当者と決める
    ‣ 職場を退職するアドバイスを受けられる
  • STEP08
    退職
    ‣ 職場を円満退職する対策をおこなう
    ‣ 入社に向けて準備する

まとめ

サービス名転職エージェント転職サイトハローワーク
比較項目
転職支援

求人情報

ハローワーク
利用料金無料で利用できる無料で利用できる無料で利用できる
転職相談時間をかけて相談に乗ってもらえる相談に乗ってもらえない短時間相談に乗ってもらえる
求人数非公開求人を多く取り扱っている多く取り扱っている非常に多く取り扱っている
求人の質大手企業や優良企業の求人を多く取り扱っている様々な求人を取り扱っている住んでいる地域の求人を多く取り扱っている
企業情報企業情報を教えてもらえる企業情報が掲載してある自分で検索などして情報を得る
直接応募企業に直接応募することができない企業に直接応募することができる企業に直接応募することができない
書類対策書類対策のサポートを受けられるサイト内の記事を読んで対策する書類対策のサポートを受けられる
面接対策面接対策のサポートを受けられるサイト内の記事を読んで対策する面接対策のサポートを受けられる
日時調整スケジュール調整を代わりに企業とおこなってもらえる自分で企業とおこなう必要がある自分で企業とおこなう必要がある
条件交渉条件交渉を代わりに企業とおこなってもらえる自分で企業とおこなう必要がある自分で企業とおこなう必要がある
退職対策職場を退職するさいのサポートを受けられる自分で対策する必要がある自分で対策する必要がある

関連記事